So-net無料ブログ作成

10/6(金)「V1クライマックス82」と今日から「フリンジマン」 [お笑い]

 おはようございます。

 
 ここにきて急に秋深くなってきましたが、

 晴天が3日位続くと、その後雨天が3日位続くという

 妙な連鎖天気予報が発令されておりますが、皆さま、1枚多く羽織っていますか?


 さて、そんな雨降る中、毎月恒例第1週の金曜日、新宿ハイジアV-1での
 
 「V1クライマックス 82」へ行って参りました。


 やはり外はそこそこの豪雨(地域的なのかもしれませんが)。

 そんな中でもお客様の入りが良く…とはいきませんでしたが(笑)、

 またまた最終的にはアットホームな誕生日会状態で終了した今回でした。

 あれ? 感想が終わってしまったわ(自爆)。



 さて、今回は「オイシイシューズ」~「金谷ヒデユキ」氏まで総勢11組。

 「オイシイシューズ」もしかしたら本当に回転寿司のバイト、してたのかな(笑)。

 「ダーンス4」なんだか最近、回を重ねる事に引き潮ネタに磨きが…(笑)。

 「ジグザグジギー」同窓会ネタに時事ネタ、そうくるんだ~(笑)。

 「わらふぢなるお」心の声シリーズ、そういえばこのネタ、安定の…(笑)。

 「ケンキ」氏、コードブルーネタに続く医療モノ、シリーズ化される前に抹消??(笑)。
 
 「エルシャラカーニ」お客さんを巻き込んだテンポの良いボケツッコミは流石(笑)。

 「三浦マイルド」氏、よしもと所属の芸人さんがこんなに話しちゃっていいの(笑)。

 「ユリオカ超特Q」氏、三浦マイルド氏に続くハゲネタ全開…で、体調は大丈夫なのでしょうか?

 「松本ハウス」加賀谷さん復帰~~!やはり二人の方が面白いなぁとしみじみ思う(笑)。

 「BOOMER」宇宙人ネタ、、、、解っちゃいるけれど「伊勢さん」の勢いに負ける(笑)。

 「金谷ヒデユキ」氏、相変わらずの昔新鮮だった曲に時事ネタ。TVは版権問題ありますから(笑)。


 と、いう感じで毎度の1行感想でした。


 で、ネタ終わりの残って頂いた芸人さんへの質問&告知コーナーでは、

 「ボキャブラ」時代のお宝にサインをいれてくれたものを、じゃんけん大会でもらえるという、

 ボキャブラ芸人大好きな人にはたまらないプレゼントがあったり。

 今月の誕生日は金谷ヒデユキ氏なのですが、

 お客さんの中に同じ誕生日の女性がいて、その方の旦那(なぜか一緒に)、

 そして実は10月誕生日の三浦マイルド氏の4人で、

 ケーキを囲んでロウソクを吹き消すという、

 なんかアットホームな雰囲気で終了しました(笑)。

 3名の方々、誕生日おめでとうございます。なんかいいなぁ、そんな風に祝ってもらいたい(笑)。



 で、最近、思う事、、、

 V1クライマックスの出演者さんの他のライブへ行ってみようかな…と。

 「金谷ヒデユキ」氏の東洋館、「ユリオカ超特Q」氏の恒例年末単独ライブとか。

 個人的には「エルシャラカーニ」の他のネタも観たい、、、、

 徐々に行動範囲を広げて行こうと思います。



 さてさて、話は違いますが、

 10月7日(土)深夜0時20分から、テレビ東京系の土曜ドラマ24、、、

 この枠はいつも「攻めてるなぁ~、テレ東」ドラマが多いのですが、、、


 「フリンジマン~愛人の作り方教えます~」


 お笑い界の異才「板尾創路」氏が主演、

 まっすぐでバカバカしい(というか、男ってしょうもない?的な)ドラマです。

 

 ひっそりと宣伝。

 実はワタシが昔、バンドを組んでいた時の元ボーカル(中学からの付き合い)の

 旧姓Kさんの旦那さんの弟さん(漫画家)が原作なのです。

 以前、漫画好き集まる飲み会に誘われて、一度お会いした事があるのですが、

 ワタシは個人的に「服なんてどうでもいいと思ってた」がドラマ化したら

 面白いのになぁと思っていたのですが、

 まさかまさかの「フリンジマン」実写化!?


 今の世に、愛人の作り方教えますって、、、板尾氏だから許されそうだけど、

 攻めてますなぁ、、、テレビ東京(すんごい褒め言葉です)。


 という事で、秋の夜更け、眠れない夜のお供に

 「フリンジマン」

 いかがでしょうか?(笑)。



 そんなこんなで、9/1から「ジャコメッティ」と「V1」で始まったワタシの秋は

 「芸術」と「お笑い」、、そして「スイーツ」(なのか?)の秋になりそうです。

 あっ、なぜか読書もしている(笑)。


 みなさま、秋も深くなって参りました。

 風邪などひかれぬよう、それぞれの「秋」を満喫くださいませ。




 
nice!(21)  コメント(0) 

⑨「ぐるっとパス」 DE 日暮里 [ぐるっとパス]

 おはようございます。


 先日来、「東京・ぐるっとパス」の旅、続いております。

 正直、ぐるっとパスを購入した時は、

 こんなに色々な場所に行くとは思っていませんでした。


 貧乏症なのか、とりあえず元(2000円)はとろう!!なんて思っていたのですが、

 知っているけれど行った事がない、

 えっ、こんな美術館(博物館)があったんだ、

 という発見や、行ってみると殆どハズレが無い内容。。。


 いままで引き籠りだったのがウソのように(オーバー)、

 いろいろと足を運んでいる今日この頃です(※交通費が痛いけど~泣)。



 さて、10月1日は「東京都民の日」。

 何カ所かの公共施設は入場料が無料(例えば「上野動物園」「多摩動物園」など)。

 
 で、ワタシはJR山手線 日暮里にある「朝倉彫刻館」での

 開館50周年記念特別展「猫百態-朝倉彫刻館の猫たち-」

 に行ってまいりました。


 171001_1441~001.jpg

 追記:彫刻家、朝倉文夫氏の個人美術館。有名な作品は「大隈重信像」(早稲田大学)。


 まぁ~~~、ねこ、ねこ、猫  です(当たり前)。

 彫刻家さん宅には猫が似合うなぁ(笑)。

 それはおいておき、とくかくすごい観察力と表現力です。

 そうそう、猫ってこんな表情やこんなポーズするんだよね…と萌える事間違いなし。

 171001_1524~001.jpg 

 171001_1525~001.jpg


 あと、アトリエ、住居、兼、学校(彫刻家育成)であったこの建物は

 他の高名な芸術家にもれず、素敵な作りです。

 アトリエ、中庭(すごく凝っている)、客間、

 3階部分の日本家屋と西洋建築の融合的な部分(内側は純和風)。

 寝室からの中庭の風景(中庭に広がる池や特徴的な石)は

 まったりとしばらくそこに居たくなる心地よさです。


 で、屋上もあり、ご本人が存命だった時は、

 野菜作りをされていたそうです(TOKIOのダッシュ畑を思い出すワタシ)。


 171001_1518~001.jpg


  ↑ 屋上から「東京スカイツリー」をのぞむ。


 まったりゆっくりと、館内を鑑賞したので、

 気が付けば、結構な時間が経っていました。

 日本庭園や猫好きな方は時間に余裕を持ってお出かけ下さいませ。



 で、まだ時間もあったので、近くにある「谷中ぎんざ」へ。

 171001_1543~001.jpg

 猫がいる風景で有名になった「ゆうやけだんだん坂」(違うかも)、

 がある小さな商店街です。

 いろいろとテレビや雑誌などで紹介されていることもあり、

 日曜日の「谷中ぎんざ」は結構な人混みでした。

 171001_1541~001.jpg

 名物の猫たちも人が多過ぎのせいか、見かけたのは2匹くらい。

 初めて行った「谷中ぎんざ」でも、またも「おのぼりさん」状態(笑)。


 名物の猫のしっぽドーナッツなどをかじりながら、猫、満喫です。


 ちなみにちょうど、

 171002_1540~001.jpg
 
 「猫の日本史 猫と日本人がつむいだ千三百年の物語」 桐野作人著

 を、図書館でかりていたので、これから読む予定です。



 そんなこんなで、小さな美術館も意外と見どころ満載で、
 
 1日に何カ所も行く予定を詰め込むと、厳しいかもしれません。

 「ぐるっとパス」の有効期限が2か月なので、

 10月中はちょこちょこと、どこかに出没予定です。



 それにしても、急に秋らしくなって参りました。

 これからは夏日はほぼ無いそうなので、秋の装いで出かけましょう。

 みなさま、くれぐれも風邪などひかれないように。。。



 
nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

⑧「ぐるっとパス」 DE 竹橋 [ぐるっとパス]

 おはようございます。

 
 すっかり秋めいてきておりますが、陽射しはなんだかまだ痛い…。

 日焼け対策をしつつ、夕方からは「蚊よけ」対策しつつと面倒な感じ。

 そういいながらも、だんだんと寒くなる季節です。



 さて、先日来の「ぐるっとパス」旅(?)、続いております。

 9/30(土)は竹橋(東京メトロ東西線)、土曜日は夜間展示もある、

 東京国立近代美術館」&「工芸館」へ。。。


 ちなみに工芸館は平常通りなので先に行きましょう。。。


 170930_1459~001.jpg



 で、現在、工芸館で開催中なのは…。。。


 170930_1500~001.jpg


 工芸館会館40周年記念特別展、

 「陶匠 辻清明の世界」

 
 辻清明氏は、信楽の土を使用した作品を作ってきた陶芸家で、

 茶器、オブジェ、ガラスの器など、

 あまり焼き物に詳しくないワタシが観ても、美しい焼きなどが、

 「うわっ、すごっ。高そう(値段が)」

 という素敵な作品群です(本当にすいません、、関係者各位)。
 
 
  170930_1515~002.jpg 

   ↑ 庭に転がしておきたかった…と本人談のオブジェ(丸い形の)と「書」

  170930_1528~001.jpg

   ↑ 動物を模した酒杯(焼酎などで持ったら飲まないと置けない状態系の、、、杯、、、)

  170930_1524~001.jpg

   ↑ ガラスのナマズの置物。 この方、なまずの形のもの多かったです。


 この工芸館の建物自体も良かったですし、

 普段あまり見ない現代陶芸作品を観る事が出来ました。



 さて、歩いてちょっとのところにある「東京国立近代美術館」本館へ。

 あっ、ちなみに、「ぐるっとパス」では工芸館は割引で入れて、

 工芸館に先に行くと、当日有効の本館の入場券がもらえるので、

 観に行きたいなぁと思われる方は先に工芸館に行ってみて下さいませ。



 本館の方では

 所蔵作品展「MOMATコレクション」

 を観て参りました。(※実はこちらはパスで入れます。企画展は100円割引)


 この企画展では日本画家「東山魁夷」氏の作品群が一挙展示中。

 所蔵展示も量が多く、4~2階に渡って、時代別に展開されています。


 日本の画家や世界の有名ところの画家の絵もあり、

 全部、ゆっくりじっくり観て歩くとかなり時間がかかります。


 近代美術館だけあって、江戸後期から昭和、平成に渡り、近代作家の絵が満載。

 特に2階は1960年代からの「現代芸術」です。

 先日「写真美術館」でみた「エクスパンデッド・シネマ再考」の時代と同じ頃の

 現代美術作品があって、この時代の流れが「カチっ」とハマりました。

 (※超個人的な感想です)


 時代背景というのは、本当に芸術作品に反映されるのですね。

 流行とか、パトロンとか、スポンサーとか、大切だなぁ(昔も今もかぁ、、、切実)。


 本館の入り口前ではキャンプのイベントがあって、

 いくつもの小さ目テントが張ってあり、都会のオフィス街とは思えない光景。。

 
 美術館や博物館がいろいろな試みの発進地点であるというのは

 なんだかおもしろいし、文化的な感じがしました。

 (※更に超個人的な感想ですので、お気になさらず)



 10/1(日)もまた他の美術館へ出かけましたので、その模様はつづく…(笑)。


 みなさま、本当に朝晩と日中の気温差激しいので、

 風邪などひかれぬよう、お気を付け下さいませ。



nice!(21)  コメント(0) 

⑦「ぐるっとパス」 DE 葛西臨海公園・新木場 [ぐるっとパス]

 おはようございます。

 やっと秋らしい過ごしやすい陽気が続いております。

 今週末はお出かけ日和ですが、みなさま、お散歩していらっしゃいますか?


 さて、9月8日(金)に「東京・ぐるっとパス」を購入してから、

 いままであまり足を運ばなかった美術館・博物館・動水族館などを巡っています。


 で、秋晴れの恵まれた陽気の中、

 まだ掌にメス(手術)をした痛々しい妹と、「葛西臨海水族園」へ。

 
 お昼を早めに軽く、新木場駅構内の立ち食いソバ屋さんで済ませ、

 お昼前には現地へ到着。。。。


 空いているかな~~~と思ったら、、、想定外、、、、


 小学校低学年位の校外学習の団体が、数えるだけでも4~5校(帽子の色)。


 そして、ベビーカーで押し寄せる幼子を連れたママさん達。。。



 静かにゆるゆると水槽を眺めるつもりが、時間的にやや失敗したぁあ(笑)。


 とはいえ、とにかく東京湾一望の場所なので、素敵な景色に癒されました。


 170929_1145~001.jpg

 ↑ 水族館入口付近からの水平線。秋晴れで水面がキラキラ。


 170929_1207~001.jpg

  ↑ 白いカレイが物凄い勢いで泳ぐ(写真は静止中)。また地震か?!(←占い師的発想)


 「葛西臨海水族館」名物といえば、「マグロがおよぐ大水槽」。

 ここも以前、原因不明でマグロが一時全滅してしまいましたが、

 現在は、復活をとげ、金色に光るマグロの群れを観る事が出来ます。


 170929_1220~001.jpg


 しかし、マグロは速い。。。どの位、速いかというと…。。。


 170929_1225~001.jpg


 ワタシの旧式ガラケーのカメラでは、マグロは加速装置付(笑)。

 
 わ~わ~と盛り上がる小学生軍団と、

 水槽前をベビーカーで陣取るママさん(一部の方々)には、少し疲れましたが、

 海の近くは本当にいいなぁ。。。


 170929_1328~001.jpg

  ↑ テラスからは遠くに羽田や夢の国が見えますが、写真は反対方向(笑)。


 170929_1333~001.jpg
 
 ↑ 名物の大きな観覧車。 しかし、陽射しが強かったので、乗ったら脱水しそうな感じ(汗。。


 水族館は、実は淡水館もあるんですよ。出口の右側の方に順路が。

 もっと言えば、水辺の野鳥観察できる公園も。。。


 しかし、、、、暑かった~~~。

 日陰があまりないので、焦げるかと思いました(笑)。


 170929_1234~001.jpg


 で、そんな「葛西臨海公園」をあとにし、「新木場」へ。


 
 新木場に降りるのは「初」でしたが、派遣の仕事紹介にはよく登場する場所です。

 さずがに通勤するには交通費も時間もかかるし、

 ここでの仕事は探していません(すいません)。


 で、夢の島公園内にある「夢の島熱帯植物園」へ。


 いや~~~、何かの試練かと思うほど、微妙な暑さの中、徒歩15分位。

 運動場とか体育館とかプールとか、運動関係の施設の多い中、

 ゴミ処理の際に出る「熱」を再利用した熱帯植物園。


 170929_1507~001.jpg

 現在、ハロウィーンフェスタで、庭には、大小様々な南瓜(ホンモノ)

 170929_1534~001.jpg


 で、温室内は熱帯地帯でございます。

 170929_1524~001.jpg

 170929_1515~001.jpg


 時期的にドリアンがなっているのは観る事が出来ませんでしたが、

 なんと!! スターフルーツが鈴なり状態。

 170929_1520~001.jpg

 なんか食べごろで美味しそう(笑)。

 
 併設のカフェには「タロイモアイス」などもあり、熱帯林を見ながら休憩も出来ます。

 暑さのせいか、ここまで歩いてくるのが大変なのか(確かに)、

 あまり人はいなくて、ある意味快適でまったり。。。。


 個人的には緑の中でまったりしたい方には良いのではないかと。。。



 そして、帰りは「池袋」に出て、9月29日(金)~10月1日(日)まで開催中の

 「カレーパン博覧会2017」(西武の1階が無印の2階イベント会場)へ。

 日替わりもあるのか、180種類のカレーパンがあるそうで。

 170930_0900~001.jpg

 少し遅かったためか、人気商品は既に売切れ状態。

 それでも、観た事のない種類のカレーパンばかりがずらっと並び、

 お金と胃腸が許せば、何個でも購入したくなります(危険)。

 (※但し、1個単価はイベントということもあり、やや高い印象)

 実際に一人で10個以上購入しているつわものもおりました。


 その後、三重県物産展(西武7階)へ。

 170929_1825~001.jpg

 前回のイタリア展の時にあったチラシで目星をつけていたのであります(オイコラ)。

 みかんソフトクリーム。

 ソフトクリームもみかん味で、ミカンのソースがたっぷりで、口の中が「みかん」。


 
 いや~~、堪能いたしました。



 そういえば、みなさま、

 10月1日は都民の日で、葛西臨海水族館とか上野動物園とか

 いくつかの施設が入場無料になります。

 日曜日だし、晴天が続くと、かなりの人出になると思いますが、

 たまにはそういうところに散歩がてら行くのも楽しいかと。。。

 
 ただ、朝晩と昼間の気温差が激しいので、羽織るものなどで、

 暑さ対応して、体調などを崩されないようにお気を付け下さいませ。



 
 
nice!(19)  コメント(2) 

⑥「ぐるっとパス」 DE 池袋 [ぐるっとパス]

 おはようございます。


 祝日が土曜日だとなんだか損した気分になるワタシですが、

 みなさまはいかがお過ごしでしょうか?(なんだか変な日本語ですね)


 さて、そんな連休に久しぶりに池袋へ行って参りました。


 池袋は、20年以上前に住んでいた事もあったり、

 母方の祖父母が住んでいた事もあり、かなり馴染み深い場所です。



 なのに、今回は池袋サンシャインシティの中にある

 「古代オリエント美術館」は初訪問です。


 秋の特別展示

 「カミとヒトのものがたり-神話の世界へようこそ-」。


  170923_1646~001.jpg

 ギリシア・ローマ、エジプト、メソポタミア、インド、中国&日本の神話や昔話を

 ざっくりと説明しつつ、

 その時代の工芸品や神話の場面の絵などを時代ごとに追って展示。

 比較してみていくと、なんだか根本がつながっている感が半端ないです。


 この神話は知っているけれど、そうか、ここら辺がつながっているのね~、

 えっ、この話とこの話のこの登場人物は「同一人物?!」、

 などなど、いろいろと発見がありました。


 神話のざっくり要点がかかれているので、

 よく読まないと「頭が迷子」になることもありますが(もう少し詳しい説明を…みたいな)、

 共通点を押さえた展示内容になっていると思います。


 とはいえ、各地の神話や物語を少しでも予習しておいた方が楽しめるかな(個人的感想)。


 現在いろいろと連載されている神話系漫画が好きな方は

 いろいろと面白いみたいですよ(それ系妹いわく)。


 個人的にはこの企画展の中に「スターウォーズ」を観る事は出来なかったです。

 (※ワタシの視点が悪いのかもしれませんので、あしからずご了承ください)


 妄想で浮かんだのは、諸星大二郎氏の漫画「孔子暗黒伝」かなぁ。。。

 
 「古代オリエント美術館」は閉館時間も近かったためか、

 さほど混んでおらず、ゆっくり観る事が出来ました。



 それにしても、池袋サンシャインシティ内は凄い人混みでした。

 噴水広場ではイベントがあったり、ナンジャタウンとか色々あるし、

 水族館もペンギンが空を飛んでたりで結構な込み具合らしいです。


 そして「乙女ロード」にはビックリしました(解る人にだけ解る場所)。



 その後、池袋西武の屋上で「手打ちうどん」を食べました。

 このうどん屋さん、かなり以前からあるのですが、こちらもお初。

 地下の手打ちうどん販売しているのですが、その「うどん」です。

 かなりしっかりとしたコシで、しっかり噛んで食べれます(美味しかった)。



 さて、この池袋西武の屋上テラスも昔とは大違い。

 今は結構オシャレになっていて、販売店もうどん店以外は変わったかな。

 現在はビアガーデン&BBQガーデンも併設されています。


 この季節、ここでおいし~~いコーヒーとか紅茶とか緑茶が飲めたら、

 最高なのですが、、、、(西武さん、よろしくお願いします)。



 で、大江千里氏のジャズとか流れていたら、本当、嬉しいのですが、、、、

 (※以前、千里氏セレクトのジャズがかかっていた事がある筈)



 そして、せっかくなので、7階催事場での「イタリア展」へ。


 170923_1819~001.jpg 

 170923_1820~001.jpg

 妹とジェラートを頂きました。

 ワタシは「フランボワーズ」、妹は「メロン」「ピンクグレープフルーツ」。

 日本のジェラート屋さんも出店していたのですが、ここは本場の方をチョイス。

 うんま~~~いぃ。なんでだ~~、素材感がすごい~~。


 で、会場をぐるっと回って、「イタリア」感を満喫して参りました。



 その後、お茶しに行ったのは、妹の押しで、、、


  170923_2013~001.jpg

 丸善の文具専門店併設のカフェ。撮り鉄さんも写真を撮っていました。

  170923_1852~001.jpg

 コーヒーのカップがスゴく可愛い。。。(犬好きの押し)


 池袋はオシャレな場所が増えてきましたね。

 
 久しぶりに池袋を満喫して帰路につきました。。。


 次回は「葛西臨海水族館」の予定です(珍しく予告)。


 みなさま、なんとなく秋深くなって過ごしやすくなってきました。

 とはいえ、まだまだ妙な陽気戻りもありそうなので、

 体調などには十分、お気を付け下さいませ。



nice!(18)  コメント(0) 

⑤「ぐるっとパス」 DE 恵比寿 [ぐるっとパス]

 おはようございます。


 美術館やら博物館やら、というのは「きっかけ」と「タイミング」が合致し、

 自分の中に勢いと風が吹くと、次々と通うようになるみたいです。

 
 さて、9月上旬に購入した「東京・ぐるっとパス」を利用して、

 今回は恵比寿に行ってきました。


 まずは「東京都写真美術館」。


 170922_1256~001.jpg

  ↑ 美術館への通路。他にもここでこの角度で写真を撮っている人がいました(笑)。

 170922_1257~001.jpg


 「エクスパンデッド・シネマ再考」という「写真美術館」なのだけれど、映像の展示会です。

 「エクスパンデッド・シネマ(拡張映画)」というくくりは、

 普通の映画のような作品ではなく、

 普通の映画のような1スクリーン投影とは違った方法で上映される「映像作品」です。

 (※正確には「実験映像」だそうです)

 

 例えば展示会場の入り口で上映されている、

 「松本俊夫 ≪つぶれかかった右目のために≫」

 は、1つの作品を「3本のビデオ」を重ねて展開していきます。

 
 ちなみにすでにここで、ワタシの脳内はややパニック状態(笑)。

 でもここでじっくりこの作品を観ておくと、次が頭にすっと入ってきます。

 

 1960年代後半頃から欧米中心に、美術家、芸術家、

 あるいは思想や情景などを映像という表現するという手段で、
 
 自分を表現せざるを得ない「哲学者」(ワタシ個人的感想)による映像芸術活動。。。

 
 ほとんど事前予習もせずに行ったのですが、刺激的でした。


 ワタシ達の先輩は日本の60年代以降の政治的背景や文化に

 当時の出来うる手段で挑んでいたのです。


 正直、今、ワタシ達が「新しい」と思っているものがたいして目新しいものではなかった、、、

 と、思うと同時に、時代も人も何か見えない「ループ」の中にいるように思えます。

 (※完全に個人的感想です)


 ヒッピー文化やサイケディリックなど、いわゆる「前衛芸術」の中で様々に実験を繰り返す、

 超独自性の強い映像作品群です。


 ワタシ個人的にいつまでも眺めていたい位、気に入った作品は

 シュウゾウ・アヅチ・ガリバー氏の

 <シネマティック・イリュミネーション> (1968~1969年作)

 スライドプロジェクター18台、スライドフィルム1440枚が

 360度スクリーンに展開します。

 (※この作品は約50年振りに復活だそうです)


  170922_1236~001.jpg

  ↑ この作品のみ、写真撮影可能。

 18台のプロジェクターがSF映画の何かの装置のように、カチャ、と、つど完了する音や

 その完了に伴って変わっていく映像(スライドフィルムが360度展開)。

 ミラーボールが回り出すと、映し出される「点」が宇宙空間のようで。

 椅子があったので、違う角度でしばらく眺めてしまいました。


 今の技術だったら、こんな数のプロジェクターもスライドフィルムもいらないと思うのですが、

 ここの中心にあるこのプロジェクターはまるで「生き物」のようでした。


 ちなみに興味のない人にとっては、なんの意味も感じられないかもしれません。

 でも、「ジャコメッティ展」の時にも感じたのですが、

 「芸術」って誰の為、、、というか、もうそれを「感じる自分」ですよね。

 
 万人受けする企画展ではないので、下調べしてから行く事をお勧めします。

 https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2845.html


 ワタシ個人的には「創造力」「想像力」「感性」などなどを

 完全にひっかきまわされました。久しぶりに刺激的でありました(超個人的感想です)。



 さて、これに気を良くして、同じ恵比寿にある(と言っても場所はかなり遠い)

 「山種美術館」へ。


  170922_1319~001.jpg


  「上村松園-美人画の精華-」展です。


 日本画界の女性画家、美人画を描いたら、右に出るものがいない…という(個人的感想)、

 繊細な線と色使い、柔らかい仕草や佇まい。


 初っ端から18枚、上村松園女史の絵を観てしまうと、
 
 それ以外の画家の美人画が霞ます(超個人的な感想)。

 他の方々も層々たる日本画家なのですが、

 女性目線で描き続けた「女性像」は、何か雰囲気が違うのです。


 ちなみに、この方の息子「上村松篁」も日本画家。

 動物(特に鳥?)の絵がスゴイんですよ。

 最近、観た覚えがないのですが、、、、なぜだろうか。。。



 そんな全く違う展覧会を回ったワタシはかなりお疲れモードになりました。


 ただね~~、山種美術館に向かう道沿いにあるカフェのテラスに

 看板犬らしき大きな茶色のラブラドール(犬)がいるのですよ~(萌)。

 初対面なのに、こちらがニッコリ微笑みかけたら、

 先にお犬を見ていた女性2人よりも、懐かれてしまいまして(テヘ)、

 そのお二人に「常連さんかと思った」(そのお犬がワタシにべったりだったので)

 と言われてしまいました。

 
 妹が一緒だったら、絶対カフェに入ってお犬に癒されていたと思います。

 

 そんな恵比寿での美術館めぐりでした(最後は〆のお犬)。



 長い感想文にお付き合い頂き、ありがとうございました。


 みなさま、秋も深まりつつ、とはいえ、もう少し妙な陽気が続くようです。

 脱ぎ着出来る上着やらスカーフなどで調整しつつ、

 体調などを崩されないようにお気をつけ下さいませ。


 
nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

④「ぐるっとパス」 DE 一橋学園 [ぐるっとパス]

 おはようございます。

 
 関東地方は夜の間に台風が過ぎ、久しぶりの青空からの夏戻りの陽気。

 日曜日は一歩も外に出なかったので、

 月曜日はまたも「ぐるっとパス」で行ける近場の美術館へ。


 西武多摩湖線の「一橋学園」駅から徒歩約10分。

 (JR線国分寺駅から西武多摩湖線にて一駅です。ワタシの最寄駅からは微妙な場所)

 一橋大学多摩キャンパス前を通過して、閑静な住宅街の一角にある

 「小平市 平櫛田中彫刻美術館」へ。


 170918_1529~001.jpg 170918_1530~002.jpg


 あまり詳しくは存じ上げず、美術館へ行き、

 木彫り彫刻、ブロンズなどをこの目で見たら、ただただ凄いとしか言えず。

 100歳まで現役で創作活動をされていたとの事。

 最後の作品は「赤福」の女主人のブロンズだそうですが、

 その制作現場の写真があって、写真から漂ってくる「集中力」がスゴイです。

 ワタシが個人的に目が釘付けになったのは、

 当時の有名「歌舞伎役者」さんをモデルにした「鏡獅子」試作裸像。

 「顔」や「体」までもの表情、躍動感がその場にありました。

 
 木彫り彫刻はそのままでも素敵なのですが、

 色を施した作品は細部まで美しいのです。

 
 美術館の隣に当時の邸宅&アトリエがありまして、

 そこの庭園がこれまた素晴らしい。。。

 
 先日の「ちひろ美術館」もお庭が素敵でしたが、

 芸術家宅はその人その人のこだわりがかなりありそうです。

 そんな所も観て歩けるのはとても面白い。。。


  170918_2129~001.jpg


  ↑ こちらの美術館は館内撮影NGなので、冊子より、「鏡獅子」(彩色)。


 しかし、暑かったですね~~。


 駅から10分の距離が結構遠く感じました。

 

 個人のこじんまりした美術館は駅から遠いというのが、やや辛い(笑)。


 …と思ったら、他の個人ではない博物館やら美術館も駅から遠い所、

 結構、多いのですよね~~。

 敷地やらの問題で仕方ないのかなぁと思いますが、足が辛い(苦笑)。



 帰りはJR線国分寺駅へ出て、しばらく足を運んでいなかったので、

 駅ビルもリニューアルされてて、またも「おのぼりさん」状態になりました。


 国分寺駅も駅前再開発していて、だんだん、出来てきていて、

 年齢とともに「時間の流れ」が早くなっているなぁと実感中。



 諸事情で平日有給消化している妹と一緒に「ぐるっとパス」を購入し、

 時間が合う時は、一緒に行っているのですが、

 駅から遠いと一人で歩くのは辛いかも。。。(妹よ、ありがとう)

 
 でも、普段あまり行かない場所に行くのも、面白いものですね。


 さて、次はどこへ行こうかな。


 みなさま、しばらく台風一過で夏の陽気戻りになりそうですが、

 とはいえ、もう秋の中。

 朝晩、冷え込む事もあるようなので、体調には十分、お気を付け下さいませ。


  
 
nice!(23)  コメント(0) 

③「ぐるっとパス」 DE 上井草 [ぐるっとパス]

 おはようございます。

 
 大型台風が日本上陸&列島通過中ですが、

 何も連休直撃しなくても…と思っているワタシです。


 さて、先日購入した「ぐるっとパス」を有効利用しようと、

 まだ台風の影響の少ない土曜日に「ちひろ美術館・東京」へ行って参りました。


 場所が、西武新宿線の上井草駅。

 ここは、一定条件を満たした人が萌え上がる聖地(?)であります。


   170916_1611~001.jpg

   ↑ 駅前に雄々しい「機動戦士ガンダム」像。

 そう、ここは…

   170916_1613~001.jpg

   ↑ アニメのまち かみいぐさ(アニメ制作会社「サンライズ」があります)。


 で、ワタシの目的はガンダムでも萌え系アニメでもなくて、

 上井草駅徒歩7~8分の住宅街の中にある美術館です。

 
 「ちひろ美術館」は画家いわさきちひろの自宅兼アトリエ跡地。

 以前は「いわさきちひろ美術館」だったと記憶しているのですが、

 2002年にバリアフリーで改装されたあとに「ちひろ美術館」になったのかな?

 以前から意外と近場だったのに、訪問した事がなかったのです。


 「ぐるっとパス」で入場出来るので、この機会に行ってみる事に。


 今年2017年は開館40周年記念展示を行っていて、

 現在(8/24~11/5)はその第三弾。


 「ちひろの詩(うた)-絵は詩のように-」


 絵本や短い詩の言葉のような「絵」の世界が広がります。

 先日、某美術大学の問題(パクリ)がありましたが、

 パクれるものなら、しっかりパクってみなさい!!と言いたくなりました。

 このにじみとか色調とか、そう簡単には表現出来ないと思います(個人的感想)。

 
 あっ、いまさらですが、「いわさきちひろ」女史の絵を知らないという方に、、、

 「窓ぎわのトットちゃん」というベストセラーになった本の表紙の絵、、、

 それでも解らない場合は各自お調べ下さい(人任せ)。

 
 「いわさきちひろ」女史の絵に囲まれていると、なんだか柔らかくなります。

 

 で、、、現在の企画展、、、これがスゴイ!


 「奇喜怪快 井上洋介の絵本展」



 絵本、漫画、イラスト等々、まずがとっかかりが「面白い」から始めるという。

 こんなんだったら面白いのに…と思う事を素直に絵にしてみる。。。

 (現在のイラストお笑いの元祖的な??。) 


 そして、絵本の代表作「くまの子ウーフ」(でしょうか?)から、

 作風の全く違う絵本作家の挿絵まで、

 そして自作の絵本の数々、圧巻のタブロー(幼い頃みた強烈な現実から)。



 劇団・天井桟敷の美術担当であったそうだが、一人で妙に納得(自己満足)。

 あの「ポスター」の絵もきっとそうなんだ…と、腑に落ちたワタシ。

 
 京極夏彦作の妖怪絵本「うぶめ」の挿絵は、その内容とともに記憶に残るし、

 こんなに多才な画家(商業的にも自身の画家活動にも)、、、凄いです。

 あ~~、文才が無い自分が情けない。。。


 この時期に「ちひろ美術館」へ行くことが出来て、本当に良かった。。。

 
 そして、ちひろ美術館にあるカフェでは体に優しいメニューがいろいろ。

 ワタシは有機栽培のコーヒーを飲んで、作品の余韻にまったりして参りました。

 (※注文してから豆をひいて入れているそうで、10分位待ちました。)

 

 1階入り口すぐのカフェは大きなガラスで外の緑がはえるし、

 木材の多い館内もとても落ち着きます。 


 で、周辺や建物の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、

 本当にとても落ち着ける良い空間でありました。



 で、そこから、、、所沢西武へ移動。

 なぜか、「ポムポムプリン展」へ(笑)。

 170916_1703~001.jpg 170916_1700~001.jpg


 先日、「ふるさとのねこ 岩合光昭写真展」に行った時に、招待券を頂いたのです。

 しかし、ポムポムプリンが「ゴールデンレトリーバー」(犬種)だと初めて知ったワタシでした。

 ※ポムポムプリンはサンリオのキャラクターでございます。



 しかし、、、「ぐるっとパス」、思った以上に使えます(超個人的感想)。

 普段だったらあまり行かない博物館や美術館も行ってみようと

 いう気持ちになって参りました。

 個人的には交通費が痛いのですが、そこも上手く交通手段を考えつつ。

 目黒あたりであれば、「松岡美術館」「東京庭園美術館」「科博付属自然教育園」が
 
 まとめて近場なので、行けそうですし。。


 池袋の「古代オリエント美術館」の特別展も観たいなぁ。。。。


 とはいえ、現在、台風が進行中ゆえ、

 みなさま、天気情報を確認しつつ、安全な行動を心掛けて下さいませ。


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

②「ぐるっとパス」 DE 吉祥寺 [ぐるっとパス]

 おはようございます。

 
 先日、購入した「東京ぐるっとパス」(美術館、博物館、動物園などの優遇パス?)で

 ゆっくり吉祥寺散歩をしてまいりました。

 
 出発がまたも午後からなのですが、今回は2か所。ゆっくり回ります。



 実は吉祥寺は幼少から馴染みがある場所です。

 ここに来る前に約10年住んでいましたし。



 幼稚園も武蔵野市(バス通園だった)でしたし、

 パルコが出来る前にあった平屋の映画館でアニメなどを観ていました。

 ハモニカ横丁のバス通り路面には、玉子屋さんや豆屋さん(乾物店)があった頃ですし、

 駅ビルのロンロンの地下にゲームセンターがあった頃(笑)も楽しかったですし。


 で、さらに昔からある「井の頭自然文化園」へ。


 上野動物園とは趣きが全く違う、まったりとした動物園です。

 意外と身近な動物や上野にいない小動物がいるし、ふれあいコーナーもあるので

 幼子連れには大人気なのです。

 
 リスの森(以前、リスの脱走事件があった)やモルモットとふれあえるとか…。。。

 170913_1327~001.jpg 170913_1350~001.jpg
 
 ↑ リスは結構な数が間近を走り抜けます。 

   隣の写真は眠っているフェネック(ネコ目イヌ科キツネ属)。


 上野動物園との大きな違いは、子供向けの遊具があること。

 昔は乗って遊んだ覚えがあるので、かなり古くからあるのではないかなぁ。

 
 170913_1324~001.jpg 


 170913_1323~001.jpg



 あと彫刻園がありまして、彫刻家「北村西望」氏の作品を間近で見られます。

 北村西望…って?、長崎の平和記念像の作者です。

 が、しかし、、、、

  
  170913_1410~001.jpg

 平和記念像のあるA館は改装のため、11月中旬位まで休館中(残念)。

 でもB館では、昨年亡くなった像の花子の写真展(一般公募の写真)が観られます。



  170913_1405~001.jpg

  ↑ 動物園の売店で売られているお弁当。花子がいないのはやはりさびしいですね。



 動物園(本館)を堪能し、水生物園(井の頭公園内)へ移動。

 こじんまりとしていていますが、カエルやサンショウウオは上野よりイキイキ。

 トウキョウダルマカエルはかなりの集団です(萌える~~♪)。

 こちら側は井の頭公園の池と繋がっているので、鳥系が多いです。



 で、まったりとこちらも満喫し、井の頭公園名物のボート乗り場付近の出口へ。

 
  170913_1515~001.jpg
 
  ↑ 平日だったので、スワンボートも大群です(オイコラ)。



 で、「吉祥寺美術館」へ。



 現在開催中の

 「コンサベーション_ピース ここからむこうへ  青野文昭展」



 正直、現代美術は解らないと思っていましたが、


 いやいやいやいや、、、なんだか、ズッキュン、きました。


 この方は、「修復」をテーマに作品をそだてていく。

 廃材(捨てられたり、壊れたり、傷ついたもの)の断片から「なおす」のです。

 それをその「形に」直すのではなく、別の「本来」の形に再現しているように見える。


 なんだろう、、、ワタシの語彙力無い頭で表現すると、

 とてもSF的なのだ、、それでも、無理やり例えると「諸星大二郎」氏の短編漫画や

 「ソラリスの海」が作り出す記憶のような…。。。


 170913_1712~001.jpg 170913_1710~002.jpg
 
 ↑ 写真撮影OKで、撮ってみたものの、目の前にある本物の方が絶対凄い。



 正直「ぐるっとパス」が無かったら、観に来たかどうかわからない。。


 この方の作品を観る事が出来て良かったです。

 吉祥寺にお出かけの際は、是非ともご覧ください。

 (※吉祥寺美術館のこの美術展の入場料は300円です)

 
 箪笥の小窓から中を覗くのを忘れずに~~。




 詳しくはネットなどで検索して見て下さい(人任せ)。



 で、夜ご飯をたべ、スタバでお茶をして、帰宅。



 リウマチ主治医の病院へ行く時位しか来なくなった吉祥寺。

 久しぶりにゆっくり歩きました。

 ワタシが住んでいた時とはかなり変わりました(お店とか)。

 丸井も変わってから初めて中に入りましたが、お~~って感じで(何が?)。


 そして夕暮れがとても怪しく美しい紫色とあんず色だったのが印象的でした。

 そう、空気の質が荒いのです。

 
 後付で、東京に地震が来ました。まぁ、いつきてもおかしくないのですが。


 みなさま、いろいろと妙な雰囲気が続きます。

 夏から秋にかわり、衣替えついでに、非常食の賞味期限などを確認するとか、

 そういえば、懐中電灯が無いとか、確認をしてみるのも良いかと。。

 気温変化などにも十分、お気を付け下さいませ。


nice!(18)  コメント(0) 

①「ぐるっとパス」 DE 上野 [ぐるっとパス]

 おはようございます。

 
 9月7日(金)、巨大な太陽フレア発生との情報がある中、

 「ぐるっとパス」を使って、上野を散歩して参りました。


  170912_1021~001.jpg

 さて、「ぐるっとパス」とは、なんぞや…。

 東京近郊の美術館、博物館、動物園、水族館や資料館などに

 入園&特別展の割引など、80枚綴り(80か所で使える)で2000円のチケットです。

 初回から2か月限定なので、計画的に回れればかなりお得です。


 例えば、自然とふれあいたい人向けならば、

 上野動物園(600円)、多摩動物園(600円)、葛西臨海水族館(700円)、

 井の頭自然文化園(400円)、神代植物園(500円)、夢の島熱帯植物館(250円)

 に行くぞ~~となれば、入園料が計3050円なので、ここで既に元が取れます。


 さて、今回は、、、、お昼過ぎからのスタートで、まずは上野動物園の前に…。

 
 東京芸術大学の学祭があったようで、名物の山車が…。。

 
 170908_1206~001.jpg 170908_1203~002.jpg

 170908_1203~001.jpg

 ↑ 学部を超えた組合せで、よくこんなの作れるなぁ~~と。いいなぁ芸大。

   ※写真の人物の処理の荒さはお許し下さいませ。



 さて、ひとしきり芸大の雰囲気を味わいながらの上野動物園へ。


 パンダは現在、母は育休(笑)なので、父のみです。

 これで親子公開になったら、凄い人混みになる事必至(あえて避ける←オイコラ)。

  
 中学、高校の修学旅行生や海外の観光者が多かったのですが、

 平日だった事もあり、ゆっくり回る事が出来ました。


 ただ、相手は動物なので、

 檻の中にいるはずなのに見る事が出来なかったものもありました。

 尻しか見えないトラとか(笑)。

 あとはやたらと部屋に戻りたがっていて、なんだろうなぁという感じ。

 暑いからかなぁ、、、太陽フレアかなぁ、地震でも起きるのかなぁ、、、(←占い師的発想)。

 
 で、動かない事で有名な「ハシビロコウ」(大きな鳥)が超動きまくり。

  170908_1331~001.jpg 170908_1430~001.jpg

 フラミンゴも落ち着きが無く、大声で泣きまくっていたり…。。。


 とはいえ、上野動物園もじっくり見ながら歩くと結構疲れます。

 で、途中で休憩タイム。

 170908_1444~001.jpg 170908_1444~002.jpg
 
 ↑ 上野動物園名物(?)パンダ最中アイス(300円)。

 疲れていて、一口め、普通に美味しく頂き、食べ勧めるうちに「美味しい」と気づき、

 パッケージをよく見ると、しっかり「アイスクリーム」でした。

 コンビニで売っている、ラクトアイスのつもりで食べたら予想以上に美味しかった(笑)。


 で、暑かったので、時々、日陰のベンチで休憩しつつ、


  170908_1353~001.jpg

   ↑ 上野動物園内から見えた「東京スカイツリー」。ぼんやり感が日本画風。

 からの、いつも、時間切れでなぜか入れなかった良性…いや両性爬虫類館へ。

  170908_1420~002.jpg

  ↑ 昔は近くでもよくいた「トウキョウダルマカエル」。かわゆい♪

 
 しかし、暑い。。。


 で、ほどよく上野動物園を満喫してから、下町風俗資料館へ。

 こんじまりとした小規模資料館ですが、大正~昭和の古き下町の風景がそこにあります。


 170908_1520~001.jpg 170908_1517~001.jpg

 上野、入谷周辺の大正、昭和初期時代の地図や写真、都電路線図や、

 昔懐かしいおもちゃやゲームの数々。

 ワタシよりも上の世代の方々が、子供のようにゲームに夢中になっていたり。

 動物園での散歩が思いのほか暑かったので、少し涼む事も出来ました。


 そして、今度は「東京都美術館」へ移動。

 特別展ではなく、パスで入れる「杉戸洋 とんぼとのりしろ」展へ。

 しかし、この方の現代美術はワタシにはよく解らず(すいません)。

 チラシの写真の作品の色合いが良かったので、期待したのですが、う~ん。

 少し大きな空間を使った作品の方が良いのかなぁ…と。

 でもこのような機会でもない限り、こういう展示会も観には行かないので、

 良いきっかけにはなったと思います。



 で、本来ならば金曜日なので、夜間展示にも行けたはずなのですが、

 体力が持たず(歳かしら…)、断念。

 また期間中、上野には行くかもしれません。

 科学博物館も国立博物館も 100円割引で入場できるので。


 さて、この日、上野動物園(600円)、下町(300円)、「杉戸洋展」(800円)は

 ぐるっとパスで入場できるので、計1700円。

 来週あたりに葛西臨海水族園、来月に神代植物園(ばらフェスタ)に行く予定なので、

 そこで既に元は取れる感じです。

 さて80か所全部回るのは無理そうですが、時間を見つけてふらっと出かけてみようかと。



 しかし、上野もアメ横にドラッグストアが進出していたり、

 レストランじゅらくのビルが綺麗になっていたりと、

 しばらく振りに行ったら完全な「おのぼりさん」状態でした(笑)。


 楽しかったのですが、後の2~3日は疲れが取れず、本当に歳かな~(笑)。


 みなさま、まだまだ妙な陽気が続くし、太陽フレア問題もあったりで、

 色々ありそうですが、体調などには十分お気を付け下さいませ。


   170908_1515~001.jpg


   良い事、ありますように。。。
nice!(18)  コメント(0)