So-net無料ブログ作成
検索選択
ありそうでない日常 ブログトップ
前の10件 | -

8月は気持ちがものごっつう不安定でした [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 早いもので、8月が終わってしまいます。

 今月は色々と個人的に精神的にも肉体的にも参ってしまい、

 本当に疲れました。


 足の裏&足の甲が痛んだり、腫れたのが、かなり精神的にも痛かったです。

 事務仕事が見つからないので、販売やら飲食店の仕事も含めて考えていたのに、

 その矢先に痛みと腫れ。

 なんだか自分の身体を恨みました(笑)。


 
 現在は初期の頃よりは腫れも痛みも治まってきました。

 
 先日、毎月恒例の関節リウマチ主治医の診察に行って、

 足の甲の腫れを診て貰ったところ、主治医の顔色がちょっと変化。

 すぐに血液検査をする事になりました。

 結果は、普通の血液検査とは別の特殊な検査もあるため、超特急で4日後。

 土日を挟んだので、少しかかりましたが(笑)。



 結果は「グレーゾーン」。

 ワタシの関節リウマチの良し悪しは「MMP-3」という数値が目安になるのですが、

 その数値は特に高いという事はなく、

 どちらかというと炎症の数値の「血沈」がやや早い程度でした。

 季節柄の恒例といえばそれまでですが、

 今回の「足の甲の腫れ」には正直、ビビりました。

 
 主治医いわく

 「もう少し様子をみつつ、しばらくしても痛みや腫れが続くようなら、

 メトトレキサートの増量から…。。。」

 

 ここ数か月、精神的にやられていましたし、

 カウンセリング始まってから、いろいろと昔の頃の自分やら思い出したり、

 この夏の異常気象もあいまって、まぁ、ストレス溜まっていたようです。


 カウンセリングが定期的に始まって、まずは「心理検査」、

 そして「カウンセリングを始める前のリサーチ」などで、すでに落ちてます。


 そんな中、中学時代からの友人Aさんとランチに出かけたり、

 妹とご飯を食べに行ったりすると、

 「本当に人にご飯を作ってもらうって有り難いし、美味しいなぁ」

 と、どんなものを食べても思える今日この頃です。

 
 節約生活のため、殆ど自炊ですし、

 ひと鍋料理(一つの鍋で完結するうどんとかソバとかパスタとか)が多いので、

 炭水化物率が高いし(笑)。

 食料も種類を沢山買えないので(一人暮らしの悲しさか)、

 キャベツを買うと1週間はキャベツ料理です(笑)。

 170808_1300~001.jpg 170809_1247~001.jpg

 170814_1229~001.jpg

 ↑ たとえば、キャベツのコールスローのせトースト(一応ハムとチーズがかくれてる)、
  キャベツとしめじのペペロンチーノ風パスタとか、
  キャベツベースの豆腐と海藻じゃこサラダなど、、、、
  

 とはいえ、「月刊くびれ作るぞ」は意外と続いており、

 朝晩の背伸び、深呼吸、足広げた状態のスクワットなどで「くびれキープ」中。

 とはいえ、8月は足の痛みからあまり頑張らなかったので、

 また絶賛リバウンド中で、怖いです(自爆)。


 みなさま、そんなこんなで知らず知らずにストレス溜まっていませんか?

 心だけではなく、身体が気温調節についていけず、ストレスになっている事もあるようです。

 無理はなさらず、涼しいうちに早めに寝るなど睡眠を十分にとって、

 体力回復をなさって下さいませ。


  
nice!(20)  コメント(0) 

予定は未定で、臨機応変(?)なのか? [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 夏だ!!というのに、妙な陽気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?


 関東地方は今日になって、ようやく晴れ間が出ています。

 今のうちに洗濯だ~~~(笑)。

 とはいえ、相変わらず、空の上は不安定だそうで、

 もしかしたら、またゲリラ豪雨があるかも、ないかも…だそうな。



 さて、ワタシは相変わらずの「求職活動中」ですが、

 妙な陽気のせいか、持病(関節リウマチ)の痛みがそこらじゅうに出て、

 活動性が下がっています(そのせいにするな~~って感じですが)。


 なんだかなぁと思って、昨年の今頃のブログを見返したら、

 やはりこの時期、痛みが出ていた事が判明。

 やはり「低気圧」に弱いらしい、ワタシ。


 さて、話は変わりますが、

 本を読む事はなんとなく続いているのですが、

 「次はこれを読む」とか、「これが読みたい」とか、予定している筈なのに、

 実際に図書館に行くと、目的の本が無かったり、

 新刊コーナーで違う方面の本を見つけてしまって、

 結果、違う本を読む事になってます。


 先日読んだ「自然魔術」は、もう…ですね、

 昔の偉人(だけじゃないかも)の創造力や観察力の凄さがわかります。

 あと「宗教」などの影響や当時の背景もわかります。

 現代だったら、そんな事あるわけないじゃん…な事も

 その積み重ねが今の文化や科学、医療の発展なのだなぁと思います。

 興味がある方は読んでみて下さいませ。


 さて、本来ならば、「鈴木大拙」「澁澤龍彦」「和辻哲郎」などを読む予定でしたが、

 今回は


    170814_1816~001.jpg

    
 『カラダの知恵』 三村芳和 著

 『プロテスタンティズム』 深井智朗 著   どちらも中公新書版


 今、『カラダの知恵』を読んでいる最中なのですが、

 もっと早く出会いたかった~~という本です(超個人的に)。

 ワタシ達の身体は「細胞」から出来ているわけですが、

 たとえば、指を切った時の出血って、どうして止まるの?

 とか、そういうところからのお話です。


 自己免疫疾患で、その仕組みがいまひとつ解らない…という人は

 「第1章」を読んだら、あ~~そうなんだぁと理解できるかもしれません。

 身体の中で、それだけ何重チェックしている筈なのに、

 リウマチになったワタシって、ある意味、凄い(超個人的な感想です)。

 

 まだ途中なので、読み終わったらまた感想を書きたいと思います。 

 専門用語は色々出てくるので、辞書を片手に読むのも良いかと。


 それと『プロテスタンティズム』を手に取ったのは、

 ワタシ個人的な「ジャン・ジャック=ルソーの本が理解できなかった」のと

 「西洋占星術苦手」なので(←キリスト教関係の背景が苦手なのかも)。

 苦手がやや悔しい(苦笑)ので、少しでも頭に入ればなぁと思っています。


 
 とはいえ、読書も毎日がっつり取り組めば、すぐに読み終わるのに、

 なかなか先に進まず、いろいろな事が悔しい日常です。


 足の痛みも今週中に主治医の病院へ行く予定なので、

 またいろいろと相談してみようと思います(痛み止めとか)。

 治まったと思って、調子に乗って出歩くと痛みをぶり返したりの繰り返し(笑)。

 

 それに、「ジャコメッティ展」も行かないと、終わってしまうぞ~~(心の叫び)。


 それと、もう少し涼しくなったら、西川口駅もよりにある

 「河鍋暁斎記念美術館」へ行こうと思っています(思うだけにならないように)。

 西川口ってどこだよ~~っと思って検索したら、赤羽の先、、位ですね。

 駅からちょっと歩くみたいなので、この暑い時期に行ったらワタシはダメかも(笑)。


 全て予定は未定、調子の良い時に臨機応変で頑張ります。


 みなさま、ここ数日は真夏の暑さ(だるさ)戻るようです。

 急な外気温の変化に身体がついていかなくなる事も多いそうなので、

 暑さ、寒さ、雨対策には十分にお気を付け下さいませ。



nice!(22)  コメント(0) 

お盆が来ると、西武園の花火。 [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 世の中はお盆休みで、先週の金曜日が帰省ラッシュ、

 そして今日あたりからUターンラッシュなそうな。


 ワタシは幼い頃、テレビで流れる「帰省ラッシュ」映像を現実味なく見ていました。

 専門学校で、初めて関東以外出身の友人が出来たので、

 彼らから「帰省ラッシュ」の現実を聞いて、そ~なんだと思った次第。


 ワタシの両親共に「東京出身」。

 実家は「池袋(母方)」と「世田谷(父方)」でした。



 とはいえ、、、父方、世田谷の家の周りは当時、「畑」「畑」「畑」。

 父方の実家は色々あって、物心ついてからは殆ど行っていなかったのですが、

 数年前、伯父が他界した時に物凄く久しぶりに行く事になりました。
 

 周囲には少しずつマンションなどが建っていましたが、

 なんだか相変わらず「畑」「畑」、、、、世田谷区なんですよ(笑)←場所がばれるかも。



 池袋は、結構、通いました。

 ワタシの幼い頃の記憶では、まだ駅前から路面電車(都電)が走っていました。

 池袋は、10分も歩くと意外と住宅街なのです。


 昔から昼時は並んでいた「大勝件」(ラーメン屋)では、近くの人が鍋持って買いに行ってたり、

 サンシャイン60隣の公園の見守りで祖母がいる時に西友に買い物に行きつつ寄ったり。

 (※そうそうサンシャイン60内では、霊感の強い方は色々見れると思いますよ~実体験)



 現在はどちらの家も無いし、ワタシの実家も無いので、

 ワタシには帰る田舎はありません。


 多分、そんな方は意外と多いのではないかと思いますが。


 
 そんなこの連休は、妹と「焼肉ランチ」したり、
  
 所沢西武で開催中(8/20まで)の「岩合光昭写真展 ふるさとのねこ」を観に行ったり。

  170812_1728~001.jpg

 岩合氏の写真は好きなのですが、この「ねこ」の写真をみていたら、

 なんだか「日本画」に見えてきて、本来、逆なのですよね。

 それ位、昔の高名な画家は観察眼があったのだなあと改めて思いました。


 日曜はTVで某アイドル山梨の桃を食べているのを見つつ。。。
 
 実は先週、母から「山梨の桃」が送られてきました(旅行にいったらしい)。


  170812_2257~001.jpg


 桃の季節なのですよね~。

 ただし、母は昔から「固い(あまり熟していない固め)の桃」が好きで、

 こちらにも固い桃を送ってくれたという…貰っておいて。。ですが、

 妹と分けて、妹は1個だけ熟していて、その他は固かったそうな。

 ワタシの方はほぼ固い(その割には糖度高かったけど)。。。

 あ~~~、桃って、もっと多汁果実じゃなったか~~~(笑)。


 とはいえ、美味しい桃をありがとう…。(自分では買わないから)


 
 そして、某村山市に小金井市から引っ越ししてきて、

 驚いたのが、夏休みに入ると方々で花火が打ちあがるのですよ。

 
 引っ越した当時は周りが畑だけだったので、

 部屋の窓から「西武園」の花火、ベランダから「としまえん」の花火が観れました。


 某村山市に実家がある時は、当り前のように毎年、夏になると週末に花火がありました。

 障害物を避けるように、少し歩けば、見える所があったり、

 実際に小学生位の時には、西武園に花火見物にも行きました。


 某村山市を離れてから、しばらく近くで花火大会なんて無かったので、

 忘れていましたが、ここに来てから、

 「ああ、そうだ、西武園の花火はまだ続いているんだなぁ」と。



 としまえんはいつの間にか、無くなっていたようですが(やってなかったのか?)。


 昔は夏休み中の土日でしたが、今は8月の週末とお盆中連休。

 当たり前のように爆音(笑)がする夏の日。


 今、この辺りに住む人の夏の風物詩ですね。

 ずっと続く事を祈りつつ。



 西武園も最近は色々工夫をこらして、集客頑張ってます。

 今は夜のプールでDJパーティーナイトとか、

 涼しい時期は「愛犬といっしょに遊園地」とか。


 超昔は「アイドル」とかの番組も中継でやってたりしたのですよね。


 高校の時かな、いつも通る商店街を自転車で走っていたら、

 「レイジー」のバン(移動車)とすれ違った事がありました(笑)。

 
 レイジー解散してから、好きになったバンド2つあって、

 どちらのバンドも好きだったアーティストが亡くなったのは残念ですが。


 もっとライブに行けば良かったと思ったりしています。


 みなさま、まだ妙な梅雨戻りからの秋雨になるのか…な陽気が続きそうですが、

 体調などにはお気を付け下さいませ。


   


   ↑ 近々公開になるアニメ映画の主題歌。

     昔むかしの短編ドラマのアニメ化だそうです。 
 
nice!(22)  コメント(0) 

ワタシの事、好き? [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 台風が接近していた昨日、右の足の裏の痛みが本格化してしまいました。

 数日前から左足の裏もオカシイ感じで、

 久しぶりの「関節リウマチ」っぽい痛みに、「自分」を思い出しています。


 とはいえ、その痛みは台風が関東から離れた今日になって、

 殆どひいてしまいました。


 明日はまたわかりませんが、靴のせいとか、ストレスとか、色々な要因はあれども

 この痛みは「関節リウマチ」由来なのだろうなぁと改めて思ったりして(なんだかなぁ)。


 そうこういっている間に病院も「盆休み」体制に入ってしまうので、

 痛みも少し軽減したので、主治医のところにいくのは、月1回の定期検診の時かな。

 
 痛み止めの「ボルタレン」に、神経系の痛み止め「ノイロトロピン」増量すると

 かなり効くみたいなので、お盆明けまでそれで過ごします。





 そんな感じで、運動不足やむなしの状態で、パソコンの前で「求人活動」ばかりの日々。



 図書館でかりてきた本には集中出来ず。

 特にジャン=ジャック・ルソーは絶賛挫折(残念)。

 古典哲学(なのか?)は、基礎のないワタシには難しいようです(悔しい)。

 やっぱり購入して「じっくり取り掛からない」と解らないです。

 哲学難しい~~~(楽しいんですどね~~)。



 んで、パソコンに飽きると、左側にある「本棚」の本をペラペラめくります。

 殆ど1回読んだ位の心理学本や占い本、辞書などですが、

 大体手に取るのは、諸星大二郎氏の「夢見る機械」(SF短編漫画集)。

 
 なのに、今日は珍しく、

 「好き?好き?大好き?」 R.D.レイン著。


 詩集なのですが(大きな意味でそういう括りになるのかな?と)、

 イギリスの精神科医で、数々の著書があるので、

 気になる方は各自、調べてみて下さい(人任せ)。


 
 それこそ10何年振り位に読んだら、胸が痛くなりました。


 先日、心理検査とカウンセリングがあったせいなのか、

 昔の事、いろいろと思い出すのです。



 悪いところや思い出や、それ以上の楽しかった出来事や、

 自分の短所やら長所やら、ぞろぞろぞろぞろ(笑)。



 「ワタシの事、好き?」


 という言葉は、50年以上(アラフィフなので)生きていますが、

 人生で1度だけ、本当に「重く」言いました。たぶん(曖昧)。



 ワタシはあまり「告白」された事がなくて(オイコラ)、

 大抵、気持ちが先走って自分から「告白」して「玉砕」します(笑)。


 1度、結婚した事があるのですが(7年交際して3年の結婚生活)、

 その相手(元旦那)にも1度「玉砕」しました(笑)。

 当時、告白したら、他に好きな人がいる…と言われました。

 

 「あっ、そうなんだ。ごめん、じゃあ、きかなかった事にして。友達のままで…ね」


 と、多分、ショックだったと思うのですが、クラスメートでしたので、

 友達でいられれば、まぁ、いいや、気まずくなるのも嫌だし、、、みたいな。



 まぁ、その後、いろいろとあって、彼と付き合う事になり、結婚、離婚(笑)。



 時間も気持ちもすれ違いが多くなったある日、

 ワタシが彼にきいた言葉です。


 わかっていたんですけどね~、この言葉が出る意味。


 彼は一瞬言葉に詰まってました。


 この一瞬詰まるっていう空気も、、、ねえ、いろいろ気づくし(痛い)。



 それから数か月後、


 「離婚しよう。ひとりになりたい」


 と、言われました。



 いや~~~、やっちまった(笑)。


 
 ラブラブの時の「私の事、好き?」と

 長く付き合った時の「ワタシの事、好き?」では

 意味が違います(あくまでも個人的体験談)。


 確認しないと解らない状態まで、お互いに追い詰められてた…というか(自爆)。


 その後日談など色々とあるのですが、

 そんな体験談を気軽に話せるほど、脳天気ではないのです。

 (※相手はもう再婚して子供もいる家庭があるので。本当に良かったと思ってます。)
 


 「好き?好き?大好き?」を読んで、胸が痛かったのは、

 封印していた「痛み」を思い出してしまったからなのだと思います。



 もう、自分から告白して玉砕したくないです(笑)。



 あっ、泣けてきた(自爆)。



 みなさま、すいません。


 カウンセリングも「覚悟」無いと、結構、厳しいです。

 ちょっとした泣き言でした。


 

 東北方面の方は、まだまだ台風5号の進路にはお気を付け下さい。

 抜けた地方の方々は、今度は暑さ戻りがあるようなので、

 くれぐれも体調管理にはお気を付け下さいませ。


  


   ↑ またも20代の頃に戻る。Toshitaro「熱帯夜にヘビーレイン」

     昔のファンだと「愛・哀・アイ」(違うかも)なんですけどね、

     ベージュのコートにロングヘア 一人歩きなら

     お前の名前さえ 聞かないつもり~~♪ だったような…(笑)。。。

     コアなファンでした(いろいろ、すいません)。


 
nice!(22)  コメント(2) 

月の裏から出て、地球ににじり寄ってみる [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 先日のブログに書いたのですが、

 ワタシは関節リウマチ持ちで、色々なストレスが原因で寝つきが悪く、

 長く心療内科に通っていました。

 もともとはリウマチの前に、「父の死後」半年後になってから「抑うつ状態」になりまして、

 カウンセリングに通ったり、心療内科に通ったりしておりました。


 さて、諸事情で近場の心療内科に転院したのですが、

 初診で「投薬とカウンセリング併用」という話になりまして、

 カウンセリングは2~3か月先にならないと予約が取れない…という話。。。

 とりあえず、毎月の心療内科の平日を休みに出来るような仕事を探し中。


 ところが、先日、病院から連絡がありまして、カウンセリングの予約が取れました。

 実は1回目はワタシの現状とこの先の目標を立てるための

 「オリエンテーション」で、すでに先週、担当のカウンセラーの方と話が出来ました。


 長い話を色々と聞いて頂き(超能力系の話も含め)、

 しばらくは2週間に1度通って、「心理検査」を一通り受ける事になりました。


 アラフィフになって、初めて「家族」の呪縛から逃れられない自分に気づくという、

 遅いんじゃないかと思いますが、気づかないよりはいいのかな。


 「ワタシ」を知って下さっている方々には、

 「偽りのワタシ」を見せている事は無いと思うのですが(笑)。


 自分の住んでいる近所に、

 こんなに充実した心理カウンセリングを受けられる所があったなんて、、、

 (※カウンセリングも保険診療内ですし、どうりで予約が取れないわけですね)



 という事で、アラフィフになってなんだかなぁですが、「自分」の確認をしてまいります。



 で、、、最近の読書。

  170714_1606~001.jpg  

   ↑「自然魔術」(ジャンバッティスタ・デッラ・ボルタ 澤井繁男 訳 講談社文庫)

  相変わらず、泣きながら読んでます(←これは少し今までとは違った意味)。

  全部読んだら、また感想書きます。


   170714_1606~002.jpg

   ↑「「人間不平等起源論」(ジャン=ジャック・ルソー 板倉裕治 訳 講談社文庫)

   超泣きながら読んでます。当時のキリスト教基盤の状況が解らないと難しいぞ。

   ワタシはルソーの晩年からさかのぼって読んでいたため、これは難しい、色々と。

   これも読み終わったら感想を書きます。

   しかし、ルソーはしばらくいいかなぁ、「エミール」を読み切る気合が無い(自爆)。


   170722_2351~001.jpg

   ↑ ルソーの次は和辻哲郎氏の予定だったのですが、こっちにいくかも。。




 といった、感じで「月の裏から3歩出て2歩下がった」り、しながらも

 ようやく「月の裏から出て、自分という名の地球ににじり寄って」います(笑)。



 しっかり自分の足を鍛えないと、自分と言う名の地球の重力に負けてしまうし。

 「好き」な気持ちも「逃げ場」や「依存」になってしまわないようにしたいし。

 

 しかし、、、、暑いですね。。。


 みなさま、今年の夏は全国的にやや平均気温が高いそうな。

 熱帯夜も多いそうなので、無理はせずに、クーラーなどを上手く使って、

 しっかり睡眠をとって、夏バテなどなさらぬように。


 
 とか言ってるワタシがすでに夏バテ気味なのは、秘密です。




 
 

背中越しに繋がってるのかも。 [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 先日のブログ更新からまたも日数経過。

 ゆるゆると、だがしかし、自分の意志とは関係なく、

 ワタシの周りの「当たり前」が少しずつ変化している今日この頃。


 7年近く通った心療内科を変える事にして、

 見つけたのが近場の古~い病院(失礼)で「大丈夫なのか?」と立ち尽くす(笑)。


 でも行ってみたら、今度の主治医(になるであろう)が、「睡眠障害系専門」。

 以前、都内の睡眠障害などの専門病院に勤めていたという非常勤の先生で、

 「睡眠時遊行症」にも詳しくて(車運転してしまう、料理作ってしまうなども診ているそうな)、

 話がさくさくと進み、結果、診察(薬)とカウンセリング(心理テスト)併用で行く事に。

 (※カウンセラーの方が予約一杯で、カウンセリングは2~3か月先からになりそうだけど)

 ワタシの症状は「抑うつ状態」だけれども、抗鬱剤を飲む必要がない気がするとの事。

 家族歴が心理的障害になっているのだろう、ので、薬は減薬していく事に(嬉)。

 

 で、その件を関節リウマチ主治医M井先生に話したところ、

 「それってスゴイよ」

 と、いうのも、心療内科で「睡眠時遊行症」系を専門に診ている先生は少ないとの事。

 M井先生、街の診療所(掛かりつけ医)で頼られていらっしゃるらしく、

 この手の症状を訴える患者さんも来るそうな。

 大体は心療内科に紹介状を書いて、行ってもらうそうなのだけれど、

 紹介先の返信を読んでも、どのように対処していくのか、処方箋は?などは

 なかなか解らないし、M井先生も専門書は読むけれど、専門外なので大変との事。

 
 「それってきっと良い先生だよ」

 と、色々、話していてM井先生が真剣なまなざしで言ったので、

 もしかして、意外と「睡眠時遊行症」的な症状を訴える人が多いのか?と思ったり。


 とはいえ、いろいろ落ち込んでいた時に、こんなタイミングで専門医に出会えるとは。

 もしかして、凄く良いタイミングだったのかもしれません。



 さて、その病院は月に1回(平日午前中)なので、

 しばらくはその曜日を休みにするとか、診察日を休めるような仕事探しにかわりました。

 (※これからカウンセリングもいつ入るのか解らないので、臨機応変のきく仕事)


 で、以前は大嫌いだったハローワークにも足を運ぶようになりました。

 なぜかというと、昔は希望の仕事があまりなかったし、

 派遣先企業で「ハローワークに出している求人がフェイク」だった事もあったり。


 行ってみると、流石、パソコンで検索出来るし全国規模だし、

 昔に比べると業種も多いし。

 多分今も「募集していないけど求人出している」会社はあると思います(キッパリ)。

 でも、こんな事ならもっと早く行ってみれば良かったというのは後の祭りですが(笑)、

 週4~5日、曜日が選べるなどの仕事を探しています。

 あとは週2日と週3日の仕事をかけ持つとか、いろいろ探っているところです。

 一応、すでに数件、履歴書を送ってみたりしておりますが、まだ決まりません(自爆)。


 とはいえ、応募書類の書き方の冊子を貰い、驚く事ばかり。

 職歴が多い人用の「職務経歴書」の書き方指南があれば更に良いのですが(コラ)。


 
 行き詰った時は、「見えてない背中を振り返る」というのも良いかもしれません。

 

 さて、その間を縫っての「読書」関係。

 某村山市の図書館で予約していた

 「タロットの秘密」鏡リュウジ著 を借りて読んでいます。

 これは本当に「良いタロット本」です。

 タロットってなんぞや?という初心者から

 ある程度タロットを使っている人や独学のプロの方まで

 読み応えバッチリ(死語?)。

 
 タロットカードの歴史、構成、1枚1枚の意味。

 すごく解りやすいです。


 久しぶりにカード1枚1枚の意味を読み直しました(オイコラ)。

 で、、、、、先日のルソー話になってしまうのですが、

 
 アンリ・ルソーの「眠るジプシー女」(ライオンがいる有名な絵)って

 タロットカードの「力」のイメージなんですよね。

 これは本当に超個人的な感覚なんですけれど。

 アンリ・ルソーが「タロットカード」を制作していたら、と妄想(笑)。



 で、そのアンリ・ルソーからのジャンジャック=ルソーを読んでいるのですが、

 なぜか「晩年」の「孤独な散歩者の夢想」から入ってしまい、

 現在「言語起源論」を「タロットの秘密」と並行中(無茶苦茶~汗)。


 「フランス革命」以前にこれを書いていたのかというのがスゴイ、

 そりゃ疎外感持つよね~(というか、時代背景を考えると大変だっただろうなと)。

 的外れな事を言っていたらすいません。あまり、頭良い方ではないのですいません。



 鏡リュウジ氏の本を読みながら、「初心」に戻りつつ(タロット歴36年なんだけどね)、

 ワタシはやはり日本の哲学者をもう一度読もうと思いました。

 ユング繋がりで「鈴木大拙」氏かなぁ。読んだけど覚えてないし(自爆)。

 これは昔からなのですが、どうも「キリスト教」背景の文化は身近ではないので。

 (※とはいえ、父方祖父の親戚はキリスト教徒です。うちはなぜか浄土真宗ですが)



 あとは、ジャンジャック=ルソーからのジャック・デリダに行こうかと思ってます。


 このところ、物凄く節約生活をしていたので、

 7月7日(金)の新宿ハイジア「V1クライマックス」(お笑いライブ)に行けそうです。

 いろんな事、笑い飛ばしてしまおう!!


 そして、「ジャコメッティ展」も行けそうです。


 んでも、早く仕事を見つけないと、また超節約生活状態は続く。。。。




 みなさま、梅雨時に台風など妙な陽気が続いています。

 湿度や気温に気をつけながら、体温調整にも気を配りつつ、

 夏前に「夏バテ」状態にならないようにお気をつけくださいませ。



 


 ↑ 20歳の自分に戻る(笑)。

  学生時代から色々お世話になった「Toshitaro」氏。懐かしいなぁ。。

  また、動画削除されたらすいません(いろいろね)。



月の裏から3歩出て2歩下がる [ありそうでない日常]

 おはようございます。

 
 前回のブログ更新から結構日にちが経ってしまいました。

 あれから色々ありまして、今もまだ落ち着かない日々を

 退屈、且つ、エキサイティングに過ごしております。


 
 現状はもう少し落ち着いてから、書いていこうかと思っています。


 
 で、相当落ち込んでいる時に、


 夢の中で以前から「好きだな」と思っていた人に

 後ろからふわっと抱きしめられて

 「大丈夫か? 心配するな」

 と、耳元でささやくように言われました。



 残念ながら途中で自分でこれが夢だと解ってしまい(なまじ夢日記とかつけるから~笑)、

 自分が本当に疲れているんだなぁと実感しましたが、

 余韻で少し楽になる(笑)、現実に言われてみたいなぁと、無い物ねだり(自爆)。

 現実的にはこんな状況下で「恋愛事」の1つでもあれば(笑)、

 …というか、精神的な支えになってくれる人でもいれば、随分楽なんだろうなぁ(自滅)。




 と、相変わらず「求職活動」の日々が続いています。

 本当になんで決まらないのか、不思議過ぎて謎が多いのですが、

 やはり方向性が違うのでしょう(自己分析)。

 あと、求人市場ニーズ(企業側と求職者のアンマッチ)でしょうか。


 本当の理由は「自分の市場価値」を正しく理解できていない事だと思いますが。



 それはそれとして、「読書」率が上昇中。


 図書館に行って、「アンリ・ルソー」(画家)関連の本を借りようと思ったら、無い(笑)。

 仕方なく「ジャン・ジャック・ルソー」(思想家)関連の本を借りたら、

 これが予想以上にハマっているところです(ルソー違いが功を奏するの巻)。

 ジャン・ジャック・ルソーの本の感想はまた次回。

 
 アンリ・ルソー、、、最近、特別展示会がないですね。

 有名な絵は「肖像画」と「ライオン…が眠っている人のところに佇んでいる」(あれ?)、、、

 で、その絵を思い浮かべると、なぜか「ライオンが…」の横尾忠則氏の絵を思い出すワタシ。

 
 諸事情で最近、美術館やら博物館やら行けないので、

 でもでも、「ジャコメッティ展」にはど~~~しても行きたいと思っております。



 脱線しましたが、次は「タロットの秘密」鏡リュウジ著を予約中(2番目)。

 (鏡先生、図書館でかりる状況ですいません~~汗)



 で、それを読み終わったら、先日、某所沢市での古本市で立読みした

 和辻哲郎氏(日本の哲学者)の芸術論「歌舞伎・浄瑠璃」を借りる予定です。

 どちらの本も、まさか某村山市の図書館にあるとは、、、ラッキーです。

 (※全然、仕事と関係ない本ばかりじゃないか…というのは気にしないでください)


 で、パソコンを毎日のように凝視しているのと

 細かい字の本を読んでいたりで、老眼(悲)が進んでる感じで、、、


 でも、、、

 170610_2255~001.jpg 170610_2203~001.jpg 



 かいしんの一滴! これで頑張ります!!(妹からの頂きもの、ありがとう!!)



 
 とりいそぎ、なんとか、生きてます。

 
 このところ、ウチの最寄路線で「人身事故」が多かったのですが、

 ワタシはなんだか「気持ちがわかる」状態で、

 いっその事、死にたいなぁと思っていました(正確には「消えたい」)。


 今も脳の端っこにその気持ちの芯が残っているので、

 たまに何かの拍子(大体が仕事が決まらない時)ににょきにょきと発生します。


 でも、どうしたら周りに迷惑をかけずに出来るかと考えて、

 電車はやめようとか、心療内科の薬を全部飲んでも苦しいだけだとか、

 思っているうちは大丈夫だと自分では思います(笑)。


 (※精神科の薬を処方された日に全部飲んでも死ねなかった状態の友人を見ているので。

   病院で胃の洗浄とかしているのを見てたら、こちらがトイレでつられ嘔吐してしまいました。)



 そんなこんなですが、一応、生きております。

 
 とにかく、仕事を決めて生活基盤をしっかりさせたら、

 超怪しい占い師を復活させようかと画策中です。


 
 さて、関東地方は梅雨に入ったというのに、妙な陽気が続いています。

 みなさま、昼と朝晩の気温差が激しいので、

 体調管理には十分お気を付け下さい。



 そういうワタシは「風邪」気味状態が長引いてます(グスン)。

 
 ではでは。また。


  

月の裏から一歩出る(笑) [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 先日のブログで「人生の大飢饉」に見舞われて、

 かなり落ち込んでしまっているワタシをお見せしてしまい、

 誠に申し訳ございません。


 月の裏側に隠れたところで、何かが解決するわけでもないし、

 いつまでも落ち込んでいても仕方ない…。。。。


 占星術系の方には性格バレバレになってしまいますが、

 ワタシは「新月」生まれのようで、

 しかも太陽とはお隣同士のお月様。

 さらには地平線マタギ。
 
 もともとバランスが悪いので(笑)、意識して整えなくてはなりませぬ。



 さて、コメントにも頂いた「社会福祉協議会」のHPを読んで、

 ワタシの住んでいる市の相談窓口へ行ってみました。



 いや~~~~~、力沸いてくるどころか、またさらに落ちました~(笑)。



 ただ自分の今の状態が「生活保護」直前(いやこのまま申請したら通りそう)な事。

 自分が考えた最悪、出来る事を復唱された感じなので、

 とにかく状況の再確認になってしまいました。

 
 あとは、就業支援で近場で日払い週払いの仕事を探してはくれるそうで、

 また1週間後に窓口に行く予定です。


 もう速攻紹介してくれそうな感じだったのですが、

 担当者さんが具体例を出したところが、

 ワタシが日払い派遣に登録に行って紹介されたところと同じだというところが、

 「えっ?!」

 いやいや、そうなんだ、そういうことなんだ…と思いました。

 (※最寄駅から比較的遠い=交通費がかかるけど、時給は交通費込の日払い制)



 都道府県で仕事の最低時給というのが決まっているわけですが、

 あれって、交通費別という事なのですね。

 公的援助機関が堂々と紹介するという事はそういう事ですよね。



 とにかく担当の方いわく、

 現在の持ち金を減らさないようにしましょう。

 なのですが、いやいや、医療費でどんどん減りますが(笑)。


 ちなみに自力で派遣の仕事とかを決めた場合、

 生活準備金的なものを低金利で貸してくれるとHPに書いてあった筈ですが、

 「それはまた別の機関が精査するし、貸してくれないかも」

 と言われました。

 それ位なら、カード会社とか利用して、すぐに返せるじゃない…という事ですね。
 
 それが厳しいから相談に行ったのに。


 なぞが多過ぎますね、お役所仕事。



 それと「個人情報守秘義務」の規定を渡されたのですが、

 かなり大きな声で「あと〇〇円しかないんだって」と叫ばれました(笑)。


 廊下まで聞こえてるよ、相談する気持ち無くなるよ(銀魂風)。



 とりあえず、随分な危機的状況に置かれているとの確認が取れました。




 で、昨日、心療内科へその件も含めストレスが半端ない事を伝えると、


 「ここは生活保護指定病院ではないので、他へ転院してもらうので

 紹介状を書くので、決まったら早めに知らせて下さい」(主治医談)


 と言われて、「は?」&「ハッ!?」。


 なんだか一気に……、、、、

 
 またも落ちました(笑)。



 もう…ですね、笑ってないとやってられないです。



 帰宅して調べたところ、今、通っている〇〇市は指定病院がかなり少ない事、

 今住んでいる某村山市は意外とどこの病院も大丈夫(指定)そう。

 ちなみに、歯科医&リウマチ主治医(武蔵野市)も大丈夫でした。


 結構長く通った心療内科だったのに、何も解決してない気がして、

 逆にこれを機に転院して、ワタシの今の状態で通う必要があるのか、

 確認したいと思いました。


 、、、、、、とはいえ、市内に心療内科、、、あったかな?



 夜の徘徊(大人夢遊病)が収まっているのなら、行かなくてもいいかなぁ。



 ※朝、起きると奇妙な現象が続いておきていて、誰かに入られているのか?!と

 思ったら、どうも自分が夜中に無意識でやってたみたい…、これはマズイ、、、

 家の中だけで活動している分にはいいらしいけど、外に出るようになったらマズイ。

 との事らしいです。



  
 さて、周りをもう一度見回してみました。

 「河合隼雄」氏著書(ユング関係本&カウンセリング系)や

 グノーシス関連本、共時性関連本、トランスパーソナル関連本があります。

 「赤の書」も手放すかなぁ(正直全部読み切ってない、難しくて、、泣)


 ああ、「ユングとタロット=元型の旅」って分厚い本もあるし

 (定価6800円初版、帯が鏡リュウジ氏だし。訳が秋山さと子先生だし)、

 うわ~~、もう一回読んでから売ろう(いまさらだが…笑)。



 ~~~~ん、やばい、読んだのに内容忘れてる(自爆)。

 そういえば、購入後、妹に貸すとかなんとか言ってたような(遅い!)。



 
 こういうのを手に取ると、もう1回、占い師やるかなぁとも思うのでありました。



 小難しくない「街の占い師」、

 当たらないかもしれないし、当たるかもしれない位な。



 月の裏から一歩出て、

 自分という名の地球を遠くから客観的に眺めて、

 「痛いなぁ」と

 独り言をつぶやきつつのネットで求人探しの月曜日。




 みなさま、まだまだ妙な陽気が続きそうですね。

 くれぐれも体調などにはお気をつけ下さいませ。



月の裏で…。。。 [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 先日のブログ更新から、気が付けば4週間近く経っていました。

 今のワタシには経過していく「時間」の観念が少し狂っているように思います。


 ゴールデンウィークも個人的にはしごく憂鬱でありました。

 それでも気にしてくれている妹が食糧を持って家に来てくれたり、

 一緒にランチに出てくれたりと、数日は休日気分を楽しめましたが(笑)。



 とにかく仕事探しが座礁しており、

 ワタシ個人的には本当に疲れています。


 周りからすれば、関節リウマチも落ち着いているのだし、

 動けるのだから職種を選ばなければ仕事くらい出来るだろう…です。

 そうです。その通りです。

 それを言われてしまったら、反論も出来ません。

 (※とりあえず、現実的には長時間の立ち仕事などは出来ないのですが)


 とはいえ、あらかた「お金」になるものは売ってしまいましたし、

 このままの状態では生きていくのも大変です。

 ※現時点でも十分、自分は苦しいのですが、

  周りにはそう見えないようです。叫んでるんですが、、心の中では。

  

 先日、妹に「生活保護申請の仕方」的なネット資料を貰いました。

 そうか~~、そこまできてるのか、、、他人事だと思っていたけれど、

 現実的にはあきらかにそういう状況。


 で、資料にある「親族」の問題でワタシは市役所に足が向かないのです。


 妹はそんなの大丈夫だといいますが、

 こうみえて、意外と繊細なワタシのメンタルです。

 「妹」は「問題」から極力離すように、ワタシもかなり努力しました。

 でも、ワタシ自身は「問題」から誰も守ってくれないのですよ。



 正直ワタシにも思い出したくない「問題」が(そこだけ記憶喪失なのですが)あります。

 多分、思い出したら「気が狂う」と思います。



 血縁だけは自分で選べないので、本当に痛いですね(苦笑)。



 あの中にいる時は、ワタシもかなり「ヤバい」人だったので、

 当時のワタシだけしか知らない人には、今のワタシはやや印象が違うかもしれません。



 簡単にカウンセリングなどで治るとか、言わないで下さいね(笑)。

 カウンセリングは違う理由でしたが、数年通った事があります。

 カウンセラー氏も、今の心療内科の主治医も

 ワタシ自身は「境界」や「パーソナリティ障害」ではないという事ですが(更に苦笑)。


 いっその事、そちら側にいた方が楽だったなぁ、あの家族の中では。



 あの頃、いろいろ、巻き込んでしまった方々、

 本当に申し訳ありません。



 ただ、あの頃の「無知で怖いもの知らず」のワタシがいたから、

 音楽業界などで普通に生きようとしていたのだと思います。



 なぜ、自分は表現者の側にいられなかったのかなぁ。。。。

 なぜって、実力が無かったからなのですが(ひたすら苦笑)。




 どこにも帰る場所がないのは、ワタシだけではないと解っていますが、

 自分が苦しいと感じてしまっている時は

 自分ばかりが苦しいような気がします。


 
 最後に心理学系の本と占いの本を売る予定です。

 全部、手放したら、何か残るでしょうか?


 もし、こんなワタシでも男女関係なく「好き」でいてくれる人がいるのならば、

 本当にありがとうございます。

 
 いろいろ、頭の中と本とまた残っているCDを片付けながら、

 図書館でかりてきた本を読みながら、

 すべてが頭の中に入っていかないワタシですが、

 いままでの積み重ねでの現状は把握しながら、

 生きていきたいと思います。


 では、みなさま、いつか、月の裏であいましょう。。。。


 




 

職業いろいろ、人生いろいろ [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 相変わらず、求職(休職?)中、引き籠り状態継続しております。

 
 とはいえ、先日、久しぶりに中学時代からの友人Aさんとランチへ。

 無性に「鳥のから揚げ」が食べたいというAさんのリクエストで

 でっかいから揚げ定食でお馴染みの「海峡」という居酒屋でランチ(所沢)。



 で、、、Aさんの旦那さま(とうぜん面識有)が無事に定年退職される直前。

 もう明日じゃない?という話で盛り上がりました。

 なんだか「あっというまだったね」(月日が経つのが早い…)というのと、

 「本当にご苦労様でした」と心からお伝えしたいものです。

 ワタシのまわりには1つの企業を勤め上げた知り合いがあまりいないのです。

 (※もちろん、いますよ、他にも。音楽業界の先輩とかにもいらっしゃいますが)


 何年かは「嘱託社員」として、改めて出社するそうです。

 今はそういう企業、多いですよね(これも漏れ伝えくる情報ですが)。


 ねぎらってあげてね~~と、Aさんと別れて帰宅。


 
 改めて思うと、

 ワタシの周り(家系)にはいわゆる「普通の企業のサラリーマン」がいないのです。


 作詞家、音楽業界めざし、結婚し、離婚し、ある時、ぽいっと音楽業界を出され、

 その後、占い師目指すも、「関節リウマチ」発症で、目標を失いっぱなし。

 それで、現在、金欠で歯医者を一回パスしてしまったワタシは、

 これからまさに「父の形見?の壊れたロレックス」を売ろうかという親不孝者。


 随分前に亡くなった父ですが、、、、

 一応、サラリーマン(会社から給料をもらっていたので)だったのですが、

 いわゆる「9時から5時まで」「一般職、事務職、営業職」などでは無かったです。

 今でも、もしかしたら限られた数の人しか存在しない職業かもしれません。

 どのくらいの方がいらっしゃるのか、不明ですが(オイコラ)。


 父は転職もしています(同じ業界内でしたが)。

 職種も少し変化したそうです。

 
 例えば、音楽業界でいうと「ファンクラブ業務」から「デスク業務」に変ったみたいな。

 なんだかさらにわかりにくくなりましたか(笑)。



 そんな父が40年近く前に購入した「ロレックス」は結構使い込まれています。

 いつも炎天下の甲子園から帰宅すると、

 父の腕にはくっきりと腕時計のあとが残っていた、それだと思います。


 ワタシには幼い頃から長期休暇に家族旅行に行った思い出がありません。

 毎年、夏休み、春休み、父は甲子園(仕事場)です(笑)。


 以前のブログには、もしかしたら父の事、書いていたかもしれないですね。

 (※某球団関係者でした)


 普通ではない、父の祖父もどうやらサラリーマンではなかった様子。

 父の兄(伯父さん)は「音楽教員(ピアノ教師)」でした。

 父方祖父側は群馬出身で「研究者(教授)」とか、ムムムっという感じです。

 父方祖母側は香川県出身で「歌舞伎役者」&「歌や踊りの師匠(←曾祖父の姉)」とか、元は餅屋。


 
 母の方も、聞いていると普通のサラリーマンがいない気がします。

 母方の祖父も母曰く「働いてなかったと同じ」位な仕事だったそうな。


 母方祖父側は北海道出身で大地主で明主だったそうです(職業知らず)。

 母方祖母側は、東京江戸っ子で「宮内庁御用達」の魚屋さんだったそうな。


 
 だからではないと思いますが、ワタシの中には2つ大きな欠落があります。

 ①誰もが出来る事が出来ない、

 ②ワタシはワタシにしかない「才能」(個性)がある、


 と、思い込んでいるのです(笑)。




 長年の家族の「刷り込み」かもしれません。

 
 生活していくのに、どんな仕事をしてでも、

 自分を支える義務があると、

 ワタシのDNAは、なかなか覚えてくれません。


 
 一般企業の普通のサラリーマン、の「普通」なんていうのは「幻想」で、

 どんな業界にも、その業界の常識やらなんやらあって、

 一般社会に出ると、まったく何も出来ない人だっていますよね。


 職業いろいろ、人生いろいろ。


 …てな事を、ロレックスを一番高く買ってくれそうな所を探しつつ、

 思っていた今日1日でした。

 ちなみに40年前のロレックスは「ビンテージ」になるそうで、

 買取のお店によって、まったく価値観が違い、値段もピンキリ。

 え~~~っと思って、中古を修理して売っている所で値段を確認したら、

 父の時計、今でも綺麗で動けば20万以上するんですが(笑)。


 まぁ、使用感バリバリで表面には擦り傷、リューズは回らないし、

 ただ現役でしっかり動いてはいるのです。

 

 なんだかね、頑張れよって、いいたくなる時計なんですよね。



    170406_1416~001.jpg




 情けない、、、、自分が、凄く情けないです。




 東京地方、桜満開で、上ばかり見て歩いてしまいますね。

 とはいえ、週末は天気が悪いとか。

 ちょっと時間があったら、

 ライトアップしている近場の桜並木の夜の散歩もいいものです。


 花粉症はしっかりマスクとゴーグルですが、

 みなさま、年に1度の桜を楽しんで、

 すてきな春を満喫して下さいませ。



 
 



 

 



 
前の10件 | - ありそうでない日常 ブログトップ