So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ

「くびれ」が出来ました。が、しかし(笑) [容姿・姿勢]

 おはようございます。


 相変わらずの求人情報ネット依存症です(末期)。


 さて、3月の終わりに

 「お風呂上りに自分の身体を鏡で見たら、くびれ(腰)がない」

 と気が付いたワタシ。


 実はあれから、2週間(以上たってますね)。

 毎日、かかさず、無理せず、軽い腹筋活動(鏡を見てお腹をへこます)。

 そして軽いストレッチ

 朝でも昼でも夜でも、時間を見つけては鏡に向かってお腹を出して、

 腹式呼吸しながら、おへその中心に向かって筋肉を占めるイメージ。

 「くびれるぞ~」「くびれるぞ~」

 と、呪文のように唱えながら、続けておりましたら、、、、


 なんということでしょう。

 なんとなく「くびれ」出来てきましたよ。

 ワタシの脳内イメージではお腹に「6パック」(オイコラ)なのですが、流石に…(苦笑)。


 が、しかし。。。。

 確かにくびれてきているのですが、それでもお腹のお肉はつかめるんですよね。


 なんだか、残念!!(笑)。


 それでも前屈で指が床に着かなかったのですが(超身体が固い)、

 ゆっくり腹式呼吸したあとに腹筋に力をいれて曲げると、

 指先が付くようになりました(なんでだ)。


 このまま、ストレッチを習慣化すれば、もう少しお肉も取れるんじゃないかと。

 
 あとは足の贅肉(世間でいうところのセルライト)だなぁ。。。

 もともと足の形悪いので(シシャモ足の上、足首が元から太い)、

 今流行の丈の短いパンツが似合わないし(背も低いので既製品は足首が隠れる)。


 せめて、元から扁平な「少年のおしり」を少し鍛えて、

 以前からジーンズが似合うおしりという評判はあるので、

 「素敵なジーンズおしり」になるように頑張ります!!(ナンダカナァ)。



 さて、昨日、図書館に本を返しがてら、また何か借りようと思い、

 美術書コーナーにて、表紙に一目ぼれして借りてきたら、

 今、読みながら「ワタシには難し過ぎ」て泣きながら読んでいます(自爆)。


   170412_2032~001.jpg


  「みる きく よむ」 レヴィ・ストロース著

 文化人類学の巨匠(違う?)が「絵を見て」「音楽を聴いて」「本を読んで」

 いろいろなものを対比させたり、しつつの「芸術の普遍性」を語っている

 (と思うのですが、違ったらすいません)。


 も~~~~~~、絵画とクラシックと文学の知識がないと厳しいです(当たり前)。


 今、まださわりなのですが、頭がクラクラしつつの、

 それでも興味はあるので、泣きながら、読んでます(笑)。


 すっごい昔、「ユング心理学入門」(河合隼雄著)を読んだ時もそうでした。

 あれは泣いたなぁ、、、解らなくて解らなくて(苦笑)。

 今みたいにユング心理学入門講座的なものもなかったし、

 独学しか出来ないワタシには本当に難解で(あれは今も解っていませんが)、

 後付で解ってくるかなぁという感じです。


 本当は理系な脳なのかもしれないと思いたい(都合よすぎ)です。

 中学、高校1年までは「生物」「数学」「物理」とか好きだったんですけどね。

 作詞活動とドラムとフォークギターの練習していたら、

 高校2年位からついていけなくなりました(テヘペロ)。




 まぁ、そんな事はおいておいて、きちんとした「くびれ」作ります。



 そろそろ「春」らしい暖かな陽が続きそうですね。

 関東でも明日位までは散りゆく桜が楽しめそうです。

 それでも春寒い日もまだあるかと思われますので、

 みなさま、体調管理には十分、お気を付け下さいませ。




 
 

「美術史」と「幹細胞」と「言の葉の庭」と [いわゆる日常なのか]

 おはようございます。


 昨日のブログは自分があまりにも情けなかったため、

 普段、Nice!を頂く方々にもお知らせしませんでした(Nice!返しせず)。

 それでもそんな話を読んでくれた方々、ありがとうございます。

 お目汚しになってしまい、愚痴ばかりの今日この頃です。



 さて、そのブログの「父の壊れたロレックス」は、5万円で売れました。

 安いのか、高いのか、まったくわかりません。

 査定をしてくれた方も少々困り気味でした。

 やはり「劣化」が激しく、詳しい型番も解らない(多分、これであろうという感じ)

 本来、ベルトを外した所に「型番」「製造番号」などがあるそうで、

 簡易なベルトを外すピンでは、外れなかったのです(中からさびてる?)。


 とはいえ、腐ってもロレックス。

 これで今月の「病院代」「光熱費」「通信費」は賄えそうです。

 だから、なにはともあれ、働かないと。


 そうそう、ワタシは後味が悪かったのですが、

 その日の夢に父が元気な姿で現れて、笑顔で手を振られました。

 そんな姿、本物(現実)でもみた覚えがありませんが(苦笑)。



 で、仕事の方は、派遣の仕事はエントリーしているものの、

 無視なの?と思う位、何の音沙汰も気配もない状態。

 事務職ではないアルバイトを探してはいますが、第一歩が踏み出せない。。。



 泣きながら(半分冗談)、パソコン本でも借りに行こうと図書館へ。

 スキルアップが必要なのかと思いまして。



 で、仕事に必要な本を借りる予定が、結局かりたのが、、、


 ①「西洋美術史入門」(ちくま新書:池上英洋著)

 ②「幹細胞と再生医学」(丸善出版:中辻憲夫著)



 仕事と何も関係ないし(自爆)。

 
 どちらの本も、高校生や大学生、または若い人向けなのですが、

 アラフィフのワタシでも十分、楽しめました。

 
 美術に関しては、学生の時にこういう分野があったら、

 もっと「世界史」が楽しかっただろうなぁと心から思いました(笑)。

 だから若い人がこういう本を読んだら良いと、心からお勧めします。


 そして、美術(絵画)好きと言っているワタシは、かなり偏っていると気づきました。

 社会背景を知ると、そこに絵を通して、その時代の生活が見えてきます。
 
 そんな風に「絵」を見れるようになったのは、ワタシは30代に入ってからでした。



 幹細胞、、、、なんのことやらと思う方もいらっしゃるかと思いますが、

 一番よく聞くものは「ES細胞」「iPS細胞」でしょうか。

 ワタシは「関節リウマチ」という自己免疫疾患なのですが、

 発症してしばらく「リウマチ」関係の本を読みまくって、

 なぜか「多能性幹細胞」(ES細胞、iPS細胞)の入門書を10年位前に読みました。

 こういう研究は日々進化しているものです。

 「関節リウマチ」の本も、ワタシが発症した当時より今の方がとても詳しいし、

 なにより治療方法も詳しく解説されています。

 10年前の知識のままではいけないなぁと思って、かりたのですが、

 本当に研究は「進んで」います。

 そして、なにより、世間の再生医療の認識の「ずれ」がわかります。

 
 美術の本は、今度は東洋美術史系を読みたいと思います。

 幹細胞(再生医療&リウマチ~自己免疫疾患)の本はまた新刊を探します。


 これって、、、

 積み重なって理解が深まると、「占い師」の自分に良い作用がありそうです。

 なんだかね、そんな気がするんです(占い師の勘)。


 

 と、、、、、


 妹にかりたアニメ映画「言の葉の庭」。

 昨年(2016年)の話題のアニメ映画「君の名は」の監督作品です。

 ※新海誠監督ですね。


 この映画、実は以前、ツイッターを利用していた時に

 「大江千里」氏をフォローしていたのですが、

 千里氏情報で公開も解っていて、観に行こうと思っていたのですが、

 当時、あっと言う間に上映が終わって(期間限定だった?)、

 ずっと見たいと思っていたのです。


 昨年、「君の名は」がヒットした事で、短い期間ですが、

 吉祥寺の映画館などでリバイバル上映していたのですが、

 それも見逃し。。。。


 が、結果、アラフィフのワタシが高校生の男の子のセリフに

 泣けてしまったのでした。

 恋とか愛とか、そういうくくりとは何かが違っている「恋愛モノ」なのかなぁ。


 映画館で観てたら、絶対、目が赤くなってました(きゃ~~~)。

 ワタシ、相当、疲れてますな(自虐)。


 とにかく作画が美しい。

 そしてワタシ個人は「新宿」という場所がとても身近でした。

 雨の日が少し好きになる映画です。



 妹がかしてくれたDVDには「秒速5センチメートル」もあるのですが、

 それはまた次回。



 ん?で、なぜか「銀魂」が1話だけ入ってるんだが…。。。


 雨の新宿御苑もぶっ飛ぶ、フェニックスの階段話でした(オイコラ)。


 
 新海監督で泣いてから、その後の「銀魂」でぶち壊しだよ!!

 (大笑いさせて頂きました、妹よ)。




 「言の葉の庭」の挿入歌

 大江千里氏の「Rain」を秦基博氏が歌っています。

 新海監督、歌の使い方、素敵でした。



 


 

 そんなここ数日、退屈、なのに、いつもエキサイティングな毎日です。


 さて、明日も図書館行ってから、仕事探しするぞ!!




 みなさま、4月に入り、桜も散りつつある今日この頃、

 なのに、まだまだ妙な陽気が続きそうです。

 急な気温変化などには、着る物で調整しつつ、

 くれぐれも体調にはお気を付け下さいませ。




  

 

職業いろいろ、人生いろいろ [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 相変わらず、求職(休職?)中、引き籠り状態継続しております。

 
 とはいえ、先日、久しぶりに中学時代からの友人Aさんとランチへ。

 無性に「鳥のから揚げ」が食べたいというAさんのリクエストで

 でっかいから揚げ定食でお馴染みの「海峡」という居酒屋でランチ(所沢)。



 で、、、Aさんの旦那さま(とうぜん面識有)が無事に定年退職される直前。

 もう明日じゃない?という話で盛り上がりました。

 なんだか「あっというまだったね」(月日が経つのが早い…)というのと、

 「本当にご苦労様でした」と心からお伝えしたいものです。

 ワタシのまわりには1つの企業を勤め上げた知り合いがあまりいないのです。

 (※もちろん、いますよ、他にも。音楽業界の先輩とかにもいらっしゃいますが)


 何年かは「嘱託社員」として、改めて出社するそうです。

 今はそういう企業、多いですよね(これも漏れ伝えくる情報ですが)。


 ねぎらってあげてね~~と、Aさんと別れて帰宅。


 
 改めて思うと、

 ワタシの周り(家系)にはいわゆる「普通の企業のサラリーマン」がいないのです。


 作詞家、音楽業界めざし、結婚し、離婚し、ある時、ぽいっと音楽業界を出され、

 その後、占い師目指すも、「関節リウマチ」発症で、目標を失いっぱなし。

 それで、現在、金欠で歯医者を一回パスしてしまったワタシは、

 これからまさに「父の形見?の壊れたロレックス」を売ろうかという親不孝者。


 随分前に亡くなった父ですが、、、、

 一応、サラリーマン(会社から給料をもらっていたので)だったのですが、

 いわゆる「9時から5時まで」「一般職、事務職、営業職」などでは無かったです。

 今でも、もしかしたら限られた数の人しか存在しない職業かもしれません。

 どのくらいの方がいらっしゃるのか、不明ですが(オイコラ)。


 父は転職もしています(同じ業界内でしたが)。

 職種も少し変化したそうです。

 
 例えば、音楽業界でいうと「ファンクラブ業務」から「デスク業務」に変ったみたいな。

 なんだかさらにわかりにくくなりましたか(笑)。



 そんな父が40年近く前に購入した「ロレックス」は結構使い込まれています。

 いつも炎天下の甲子園から帰宅すると、

 父の腕にはくっきりと腕時計のあとが残っていた、それだと思います。


 ワタシには幼い頃から長期休暇に家族旅行に行った思い出がありません。

 毎年、夏休み、春休み、父は甲子園(仕事場)です(笑)。


 以前のブログには、もしかしたら父の事、書いていたかもしれないですね。

 (※某球団関係者でした)


 普通ではない、父の祖父もどうやらサラリーマンではなかった様子。

 父の兄(伯父さん)は「音楽教員(ピアノ教師)」でした。

 父方祖父側は群馬出身で「研究者(教授)」とか、ムムムっという感じです。

 父方祖母側は香川県出身で「歌舞伎役者」&「歌や踊りの師匠(←曾祖父の姉)」とか、元は餅屋。


 
 母の方も、聞いていると普通のサラリーマンがいない気がします。

 母方の祖父も母曰く「働いてなかったと同じ」位な仕事だったそうな。


 母方祖父側は北海道出身で大地主で明主だったそうです(職業知らず)。

 母方祖母側は、東京江戸っ子で「宮内庁御用達」の魚屋さんだったそうな。


 
 だからではないと思いますが、ワタシの中には2つ大きな欠落があります。

 ①誰もが出来る事が出来ない、

 ②ワタシはワタシにしかない「才能」(個性)がある、


 と、思い込んでいるのです(笑)。




 長年の家族の「刷り込み」かもしれません。

 
 生活していくのに、どんな仕事をしてでも、

 自分を支える義務があると、

 ワタシのDNAは、なかなか覚えてくれません。


 
 一般企業の普通のサラリーマン、の「普通」なんていうのは「幻想」で、

 どんな業界にも、その業界の常識やらなんやらあって、

 一般社会に出ると、まったく何も出来ない人だっていますよね。


 職業いろいろ、人生いろいろ。


 …てな事を、ロレックスを一番高く買ってくれそうな所を探しつつ、

 思っていた今日1日でした。

 ちなみに40年前のロレックスは「ビンテージ」になるそうで、

 買取のお店によって、まったく価値観が違い、値段もピンキリ。

 え~~~っと思って、中古を修理して売っている所で値段を確認したら、

 父の時計、今でも綺麗で動けば20万以上するんですが(笑)。


 まぁ、使用感バリバリで表面には擦り傷、リューズは回らないし、

 ただ現役でしっかり動いてはいるのです。

 

 なんだかね、頑張れよって、いいたくなる時計なんですよね。



    170406_1416~001.jpg




 情けない、、、、自分が、凄く情けないです。




 東京地方、桜満開で、上ばかり見て歩いてしまいますね。

 とはいえ、週末は天気が悪いとか。

 ちょっと時間があったら、

 ライトアップしている近場の桜並木の夜の散歩もいいものです。


 花粉症はしっかりマスクとゴーグルですが、

 みなさま、年に1度の桜を楽しんで、

 すてきな春を満喫して下さいませ。



 
 



 

 



 
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ