So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

④「ぐるっとパス」 DE 一橋学園 [ぐるっとパス]

 おはようございます。

 
 関東地方は夜の間に台風が過ぎ、久しぶりの青空からの夏戻りの陽気。

 日曜日は一歩も外に出なかったので、

 月曜日はまたも「ぐるっとパス」で行ける近場の美術館へ。


 西武多摩湖線の「一橋学園」駅から徒歩約10分。

 (JR線国分寺駅から西武多摩湖線にて一駅です。ワタシの最寄駅からは微妙な場所)

 一橋大学多摩キャンパス前を通過して、閑静な住宅街の一角にある

 「小平市 平櫛田中彫刻美術館」へ。


 170918_1529~001.jpg 170918_1530~002.jpg


 あまり詳しくは存じ上げず、美術館へ行き、

 木彫り彫刻、ブロンズなどをこの目で見たら、ただただ凄いとしか言えず。

 100歳まで現役で創作活動をされていたとの事。

 最後の作品は「赤福」の女主人のブロンズだそうですが、

 その制作現場の写真があって、写真から漂ってくる「集中力」がスゴイです。

 ワタシが個人的に目が釘付けになったのは、

 当時の有名「歌舞伎役者」さんをモデルにした「鏡獅子」試作裸像。

 「顔」や「体」までもの表情、躍動感がその場にありました。

 
 木彫り彫刻はそのままでも素敵なのですが、

 色を施した作品は細部まで美しいのです。

 
 美術館の隣に当時の邸宅&アトリエがありまして、

 そこの庭園がこれまた素晴らしい。。。

 
 先日の「ちひろ美術館」もお庭が素敵でしたが、

 芸術家宅はその人その人のこだわりがかなりありそうです。

 そんな所も観て歩けるのはとても面白い。。。


  170918_2129~001.jpg


  ↑ こちらの美術館は館内撮影NGなので、冊子より、「鏡獅子」(彩色)。


 しかし、暑かったですね~~。


 駅から10分の距離が結構遠く感じました。

 

 個人のこじんまりした美術館は駅から遠いというのが、やや辛い(笑)。


 …と思ったら、他の個人ではない博物館やら美術館も駅から遠い所、

 結構、多いのですよね~~。

 敷地やらの問題で仕方ないのかなぁと思いますが、足が辛い(苦笑)。



 帰りはJR線国分寺駅へ出て、しばらく足を運んでいなかったので、

 駅ビルもリニューアルされてて、またも「おのぼりさん」状態になりました。


 国分寺駅も駅前再開発していて、だんだん、出来てきていて、

 年齢とともに「時間の流れ」が早くなっているなぁと実感中。



 諸事情で平日有給消化している妹と一緒に「ぐるっとパス」を購入し、

 時間が合う時は、一緒に行っているのですが、

 駅から遠いと一人で歩くのは辛いかも。。。(妹よ、ありがとう)

 
 でも、普段あまり行かない場所に行くのも、面白いものですね。


 さて、次はどこへ行こうかな。


 みなさま、しばらく台風一過で夏の陽気戻りになりそうですが、

 とはいえ、もう秋の中。

 朝晩、冷え込む事もあるようなので、体調には十分、お気を付け下さいませ。


  
 
nice!(19)  コメント(0) 

③「ぐるっとパス」 DE 上井草 [ぐるっとパス]

 おはようございます。

 
 大型台風が日本上陸&列島通過中ですが、

 何も連休直撃しなくても…と思っているワタシです。


 さて、先日購入した「ぐるっとパス」を有効利用しようと、

 まだ台風の影響の少ない土曜日に「ちひろ美術館東京」へ行って参りました。


 場所が、西武新宿線の上井草駅。

 ここは、一定条件を満たした人が萌え上がる聖地(?)であります。


   170916_1611~001.jpg

   ↑ 駅前に雄々しい「機動戦士ガンダム」像。

 そう、ここは…

   170916_1613~001.jpg

   ↑ アニメのまち かみいぐさ(アニメ制作会社「サンライズ」があります)。


 で、ワタシの目的はガンダムでも萌え系アニメでもなくて、

 上井草駅徒歩7~8分の住宅街の中にある美術館です。

 
 「ちひろ美術館」は画家いわさきちひろの自宅兼アトリエ跡地。

 以前は「いわさきちひろ美術館」だったと記憶しているのですが、

 2002年にバリアフリーで改装されたあとに「ちひろ美術館」になったのかな?

 以前から意外と近場だったのに、訪問した事がなかったのです。


 「ぐるっとパス」で入場出来るので、この機会に行ってみる事に。


 今年2017年は開館40周年記念展示を行っていて、

 現在(8/24~11/5)はその第三弾。


 「ちひろの詩(うた)-絵は詩のように-」


 絵本や短い詩の言葉のような「絵」の世界が広がります。

 先日、某美術大学の問題(パクリ)がありましたが、

 パクれるものなら、しっかりパクってみなさい!!と言いたくなりました。

 このにじみとか色調とか、そう簡単には表現出来ないと思います(個人的感想)。

 
 あっ、いまさらですが、「いわさきちひろ」女史の絵を知らないという方に、、、

 「窓ぎわのトットちゃん」というベストセラーになった本の表紙の絵、、、

 それでも解らない場合は各自お調べ下さい(人任せ)。

 
 「いわさきちひろ」女史の絵に囲まれていると、なんだか柔らかくなります。

 

 で、、、現在の企画展、、、これがスゴイ!


 「奇喜怪快 井上洋介の絵本展」



 絵本、漫画、イラスト等々、まずがとっかかりが「面白い」から始めるという。

 こんなんだったら面白いのに…と思う事を素直に絵にしてみる。。。

 (現在のイラストお笑いの元祖的な??。) 


 そして、絵本の代表作「くまの子ウーフ」(でしょうか?)から、

 作風の全く違う絵本作家の挿絵まで、

 そして自作の絵本の数々、圧巻のタブロー(幼い頃みた強烈な現実から)。



 劇団・天井桟敷の美術担当であったそうだが、一人で妙に納得(自己満足)。

 あの「ポスター」の絵もきっとそうなんだ…と、腑に落ちたワタシ。

 
 京極夏彦作の妖怪絵本「うぶめ」の挿絵は、その内容とともに記憶に残るし、

 こんなに多才な画家(商業的にも自身の画家活動にも)、、、凄いです。

 あ~~、文才が無い自分が情けない。。。


 この時期に「ちひろ美術館」へ行くことが出来て、本当に良かった。。。

 
 そして、ちひろ美術館にあるカフェでは体に優しいメニューがいろいろ。

 ワタシは有機栽培のコーヒーを飲んで、作品の余韻にまったりして参りました。

 (※注文してから豆をひいて入れているそうで、10分位待ちました。)

 

 1階入り口すぐのカフェは大きなガラスで外の緑がはえるし、

 木材の多い館内もとても落ち着きます。 


 で、周辺や建物の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、

 本当にとても落ち着ける良い空間でありました。



 で、そこから、、、所沢西武へ移動。

 なぜか、「ポムポムプリン展」へ(笑)。

 170916_1703~001.jpg 170916_1700~001.jpg


 先日、「ふるさとのねこ 岩合光昭写真展」に行った時に、招待券を頂いたのです。

 しかし、ポムポムプリンが「ゴールデンレトリーバー」(犬種)だと初めて知ったワタシでした。

 ※ポムポムプリンはサンリオのキャラクターでございます。



 しかし、、、「ぐるっとパス」、思った以上に使えます(超個人的感想)。

 普段だったらあまり行かない博物館や美術館も行ってみようと

 いう気持ちになって参りました。

 個人的には交通費が痛いのですが、そこも上手く交通手段を考えつつ。

 目黒あたりであれば、「松岡美術館」「東京庭園美術館」「科博付属自然教育園」が
 
 まとめて近場なので、行けそうですし。。


 池袋の「古代オリエント美術館」の特別展も観たいなぁ。。。。


 とはいえ、現在、台風が進行中ゆえ、

 みなさま、天気情報を確認しつつ、安全な行動を心掛けて下さいませ。


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

②「ぐるっとパス」 DE 吉祥寺 [ぐるっとパス]

 おはようございます。

 
 先日、購入した「東京ぐるっとパス」(美術館、博物館、動物園などの優遇パス?)で

 ゆっくり吉祥寺散歩をしてまいりました。

 
 出発がまたも午後からなのですが、今回は2か所。ゆっくり回ります。



 実は吉祥寺は幼少から馴染みがある場所です。

 ここに来る前に約10年住んでいましたし。



 幼稚園も武蔵野市(バス通園だった)でしたし、

 パルコが出来る前にあった平屋の映画館でアニメなどを観ていました。

 ハモニカ横丁のバス通り路面には、玉子屋さんや豆屋さん(乾物店)があった頃ですし、

 駅ビルのロンロンの地下にゲームセンターがあった頃(笑)も楽しかったですし。


 で、さらに昔からある「井の頭自然文化園」へ。


 上野動物園とは趣きが全く違う、まったりとした動物園です。

 意外と身近な動物や上野にいない小動物がいるし、ふれあいコーナーもあるので

 幼子連れには大人気なのです。

 
 リスの森(以前、リスの脱走事件があった)やモルモットとふれあえるとか…。。。

 170913_1327~001.jpg 170913_1350~001.jpg
 
 ↑ リスは結構な数が間近を走り抜けます。 

   隣の写真は眠っているフェネック(ネコ目イヌ科キツネ属)。


 上野動物園との大きな違いは、子供向けの遊具があること。

 昔は乗って遊んだ覚えがあるので、かなり古くからあるのではないかなぁ。

 
 170913_1324~001.jpg 


 170913_1323~001.jpg



 あと彫刻園がありまして、彫刻家「北村西望」氏の作品を間近で見られます。

 北村西望…って?、長崎の平和記念像の作者です。

 が、しかし、、、、

  
  170913_1410~001.jpg

 平和記念像のあるA館は改装のため、11月中旬位まで休館中(残念)。

 でもB館では、昨年亡くなった像の花子の写真展(一般公募の写真)が観られます。



  170913_1405~001.jpg

  ↑ 動物園の売店で売られているお弁当。花子がいないのはやはりさびしいですね。



 動物園(本館)を堪能し、水生物園(井の頭公園内)へ移動。

 こじんまりとしていていますが、カエルやサンショウウオは上野よりイキイキ。

 トウキョウダルマカエルはかなりの集団です(萌える~~♪)。

 こちら側は井の頭公園の池と繋がっているので、鳥系が多いです。



 で、まったりとこちらも満喫し、井の頭公園名物のボート乗り場付近の出口へ。

 
  170913_1515~001.jpg
 
  ↑ 平日だったので、スワンボートも大群です(オイコラ)。



 で、「吉祥寺美術館」へ。



 現在開催中の

 「コンサベーション_ピース ここからむこうへ  青野文昭展」



 正直、現代美術は解らないと思っていましたが、


 いやいやいやいや、、、なんだか、ズッキュン、きました。


 この方は、「修復」をテーマに作品をそだてていく。

 廃材(捨てられたり、壊れたり、傷ついたもの)の断片から「なおす」のです。

 それをその「形に」直すのではなく、別の「本来」の形に再現しているように見える。


 なんだろう、、、ワタシの語彙力無い頭で表現すると、

 とてもSF的なのだ、、それでも、無理やり例えると「諸星大二郎」氏の短編漫画や

 「ソラリスの海」が作り出す記憶のような…。。。


 170913_1712~001.jpg 170913_1710~002.jpg
 
 ↑ 写真撮影OKで、撮ってみたものの、目の前にある本物の方が絶対凄い。



 正直「ぐるっとパス」が無かったら、観に来たかどうかわからない。。


 この方の作品を観る事が出来て良かったです。

 吉祥寺にお出かけの際は、是非ともご覧ください。

 (※吉祥寺美術館のこの美術展の入場料は300円です)

 
 箪笥の小窓から中を覗くのを忘れずに~~。




 詳しくはネットなどで検索して見て下さい(人任せ)。



 で、夜ご飯をたべ、スタバでお茶をして、帰宅。



 リウマチ主治医の病院へ行く時位しか来なくなった吉祥寺。

 久しぶりにゆっくり歩きました。

 ワタシが住んでいた時とはかなり変わりました(お店とか)。

 丸井も変わってから初めて中に入りましたが、お~~って感じで(何が?)。


 そして夕暮れがとても怪しく美しい紫色とあんず色だったのが印象的でした。

 そう、空気の質が荒いのです。

 
 後付で、東京に地震が来ました。まぁ、いつきてもおかしくないのですが。


 みなさま、いろいろと妙な雰囲気が続きます。

 夏から秋にかわり、衣替えついでに、非常食の賞味期限などを確認するとか、

 そういえば、懐中電灯が無いとか、確認をしてみるのも良いかと。。

 気温変化などにも十分、お気を付け下さいませ。


nice!(18)  コメント(0) 

①「ぐるっとパス」 DE 上野 [ぐるっとパス]

 おはようございます。

 
 9月7日(金)、巨大な太陽フレア発生との情報がある中、

 「ぐるっとパス」を使って、上野を散歩して参りました。


  170912_1021~001.jpg

 さて、「ぐるっとパス」とは、なんぞや…。

 東京近郊の美術館、博物館、動物園、水族館や資料館などに

 入園&特別展の割引など、80枚綴り(80か所で使える)で2000円のチケットです。

 初回から2か月限定なので、計画的に回れればかなりお得です。


 例えば、自然とふれあいたい人向けならば、

 上野動物園(600円)、多摩動物園(600円)、葛西臨海水族館(700円)、

 井の頭自然文化園(400円)、神代植物園(500円)、夢の島熱帯植物館(250円)

 に行くぞ~~となれば、入園料が計3050円なので、ここで既に元が取れます。


 さて、今回は、、、、お昼過ぎからのスタートで、まずは上野動物園の前に…。

 
 東京芸術大学の学祭があったようで、名物の山車が…。。

 
 170908_1206~001.jpg 170908_1203~002.jpg

 170908_1203~001.jpg

 ↑ 学部を超えた組合せで、よくこんなの作れるなぁ~~と。いいなぁ芸大。

   ※写真の人物の処理の荒さはお許し下さいませ。



 さて、ひとしきり芸大の雰囲気を味わいながらの上野動物園へ。


 パンダは現在、母は育休(笑)なので、父のみです。

 これで親子公開になったら、凄い人混みになる事必至(あえて避ける←オイコラ)。

  
 中学、高校の修学旅行生や海外の観光者が多かったのですが、

 平日だった事もあり、ゆっくり回る事が出来ました。


 ただ、相手は動物なので、

 檻の中にいるはずなのに見る事が出来なかったものもありました。

 尻しか見えないトラとか(笑)。

 あとはやたらと部屋に戻りたがっていて、なんだろうなぁという感じ。

 暑いからかなぁ、、、太陽フレアかなぁ、地震でも起きるのかなぁ、、、(←占い師的発想)。

 
 で、動かない事で有名な「ハシビロコウ」(大きな鳥)が超動きまくり。

  170908_1331~001.jpg 170908_1430~001.jpg

 フラミンゴも落ち着きが無く、大声で泣きまくっていたり…。。。


 とはいえ、上野動物園もじっくり見ながら歩くと結構疲れます。

 で、途中で休憩タイム。

 170908_1444~001.jpg 170908_1444~002.jpg
 
 ↑ 上野動物園名物(?)パンダ最中アイス(300円)。

 疲れていて、一口め、普通に美味しく頂き、食べ勧めるうちに「美味しい」と気づき、

 パッケージをよく見ると、しっかり「アイスクリーム」でした。

 コンビニで売っている、ラクトアイスのつもりで食べたら予想以上に美味しかった(笑)。


 で、暑かったので、時々、日陰のベンチで休憩しつつ、


  170908_1353~001.jpg

   ↑ 上野動物園内から見えた「東京スカイツリー」。ぼんやり感が日本画風。

 からの、いつも、時間切れでなぜか入れなかった良性…いや両性爬虫類館へ。

  170908_1420~002.jpg

  ↑ 昔は近くでもよくいた「トウキョウダルマカエル」。かわゆい♪

 
 しかし、暑い。。。


 で、ほどよく上野動物園を満喫してから、下町風俗資料館へ。

 こんじまりとした小規模資料館ですが、大正~昭和の古き下町の風景がそこにあります。


 170908_1520~001.jpg 170908_1517~001.jpg

 上野、入谷周辺の大正、昭和初期時代の地図や写真、都電路線図や、

 昔懐かしいおもちゃゲームの数々。

 ワタシよりも上の世代の方々が、子供のようにゲームに夢中になっていたり。

 動物園での散歩が思いのほか暑かったので、少し涼む事も出来ました。


 そして、今度は「東京都美術館」へ移動。

 特別展ではなく、パスで入れる「杉戸洋 とんぼとのりしろ」展へ。

 しかし、この方の現代美術はワタシにはよく解らず(すいません)。

 チラシの写真の作品の色合いが良かったので、期待したのですが、う~ん。

 少し大きな空間を使った作品の方が良いのかなぁ…と。

 でもこのような機会でもない限り、こういう展示会も観には行かないので、

 良いきっかけにはなったと思います。



 で、本来ならば金曜日なので、夜間展示にも行けたはずなのですが、

 体力が持たず(歳かしら…)、断念。

 また期間中、上野には行くかもしれません。

 科学博物館も国立博物館も 100円割引で入場できるので。


 さて、この日、上野動物園(600円)、下町(300円)、「杉戸洋展」(800円)は

 ぐるっとパスで入場できるので、計1700円。

 来週あたりに葛西臨海水族園、来月に神代植物園(ばらフェスタ)に行く予定なので、

 そこで既に元は取れる感じです。

 さて80か所全部回るのは無理そうですが、時間を見つけてふらっと出かけてみようかと。



 しかし、上野もアメ横にドラッグストアが進出していたり、

 レストランじゅらくのビルが綺麗になっていたりと、

 しばらく振りに行ったら完全な「おのぼりさん」状態でした(笑)。


 楽しかったのですが、後の2~3日は疲れが取れず、本当に歳かな~(笑)。


 みなさま、まだまだ妙な陽気が続くし、太陽フレア問題もあったりで、

 色々ありそうですが、体調などには十分お気を付け下さいませ。


   170908_1515~001.jpg


   良い事、ありますように。。。
nice!(18)  コメント(0) 

9/1(金)、「ジャコメッティ展」からの「V1クライマックス81」へ [美術鑑賞などなど]

 おはようございます。

 
 8月が過ぎたら、超特急で「秋」が来たような陽気の今日この頃。

 赤とんぼ飛ぶ秋の晴天を仰ぎたいものですが、

 なんだか妙な陽気のまま秋の長雨が来ちゃいそうですね。


 (※今日のブログは若干長いです、すいません)


 さて、9月1日(金)、滑り込みで「ジャコメッティ展」へ行って参りました。

  170901_1744~001.jpg

 六本木にある「国立新美術館」で9/4(月)←今日じゃん!!までです。


 会期ぎりぎりでしたが、予想以上にゆったり観る事が出来ました。

 スイス生まれのアルベルト・ジャコメッティは「彫刻家」のくくりのようで。

 有名なのが、余計なものをそぎ落とした「細長い」形状(上記の写真参照)。


 「見えるものを見えるとおりにつくる」という筋の通った姿勢が素敵です。


 1つの作品が出来るまで、なが~い時間をかけたというジャコメッティ。

 長時間動かずにいてくれる「モデル」は大変です。

 日本人の哲学者「矢内原伊作」氏は、ジャコメッティの芸術姿勢に共感、

 モデルを務めるなど交流しており、ジャコメッティ関係の著書を残しています。

 
 で、個人的には2、3cmの小さい像があったのですが、

 それにくぎ付け(萌えた~~♪←やや変態?)。


 ジャコメッティの彫刻の為の習作やスケッチが素晴らしくて、

 ぐるぐるや荒々しい線で描かれた人物は、それだけで個性がはっきり出ています。

 矢内原氏とカフェでお茶をしていても、新聞やそこにある紙に矢内原氏をスケッチ。

 なんだかね~~、ジャコメッティ氏が矢内原氏を描きたくなるのが解ります。

 
 で、ワタシの周りで観ていた人達なのですが、美大の学生かな?という人や

 自身が創作活動しているんじゃないか?というような人が多かった印象です。


 有名な芸術家だから見ておこう的な人が少なかったのは、

 個人的にはとてもありがたかったのですが、興行的には大丈夫だったのだろうか?

 もっと多くの人に見てほしかった感じも、物凄くあるのですが、

 ジャコメッティ氏は本当に「訳わからん」人にはなんの価値もないかもしれません。


 (※「訳わからん」のが悪いとかではないので、誤解無きように)




 そんな「ジャコメッティ萌え」しまくって、高揚状態のまま、六本木から新宿へ移動。

 新宿ハイジアでの月に1度のお笑いライブ「V1クライマックス81」へ。





 やはり夏休み明けの9月1日(金)は先月から比べるとやや観客も少ないし、

 子供たちも少な目でした(そりゃそ~ですね)。


 で、入場すると、「出演者への質問・感想」アンケート用紙を貰うのですが、

 今回、知らない芸人さんの名前があって、誰?(すいません)…で興味津々。。



 「きらめくあした」20代の若手コンビです。名前違ってたらすいません。

 1つ、いいですか? お辞儀しながら自己紹介したら後ろまで聞こえません(笑)。

 それじゃ聞こえんだろ~って相方さん突っ込んで相方紹介して下さい(笑)。

 凄く緊張されてたみたいで、始まった時は大丈夫かな?と思いましたが、
 
 後半ノリツッコミがスムーズで最終的には面白かったです(オイコラ)。


 「ゾフィー」30代の若手(?)コンビです。

 最初、力技系(勢いで押し通す系)かと思いましたが、「論破」は結構ツボでした。

 次回はもう少し「論破」された感(説得力)を増強したバージョンが観たいです。


 「ダーンス4」の時事ネタ引き潮漫才が凄い(笑)。毎回進化してます。


 「ユリオカ超特Q」氏、ハゲネタはどこまで行くのか(悪気は全くありません)。


 「ケンキ」氏、登場の時に一番盛り上がってました。コードブルーネタの中にモノマネ配合(笑)。


 「わらふぢなるお」心の声ネタの中でも間のタイミング、いいですよね。


 「ジグザグジギー」これね~~、中華屋さんとか定食屋さんの「あるある」ですよね。笑った~。


 「エルシャラカーニ」今回珍しくテンポが微妙にずれてました。猫ならアパートに最強(笑)


 「松本ハウス」加賀谷さん、ナニしているの(笑)。戻ってきて~。キックさんの嘘なの(笑)


 「BOOMER」紙芝居ネタ。解っちゃいるけれど、五右衛門の顔がツボりました。


 「金谷ヒデユキ」氏、いつも通り子供にはやや難しい時事替え歌。餃子が食べたい~(笑)。



 と駆け足での感想でした。

 とても楽しかったです。出演者のみなさま、ありがとうございました。

 
 次回、10月6日(金)、秋の夜長にお笑いライブ、楽しいぞ(また先頭切って宣伝だ!!)




 9月に入ったとたん、芸術とお笑いの秋を満喫した1日でした。


 みなさま、急激な気温の変化には十分お気を付け下さいませ。

 そういうワタシは本日寝冷えを起こしました(コラコラ)。

 朝晩冷えるので、寝る時にかけるものを1枚増やして調節しましょう。


 
 

 
nice!(22)  コメント(0) 

8月は気持ちがものごっつう不安定でした [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 早いもので、8月が終わってしまいます。

 今月は色々と個人的に精神的にも肉体的にも参ってしまい、

 本当に疲れました。


 足の裏&足の甲が痛んだり、腫れたのが、かなり精神的にも痛かったです。

 事務仕事が見つからないので、販売やら飲食店の仕事も含めて考えていたのに、

 その矢先に痛みと腫れ。

 なんだか自分の身体を恨みました(笑)。


 
 現在は初期の頃よりは腫れも痛みも治まってきました。

 
 先日、毎月恒例の関節リウマチ主治医の診察に行って、

 足の甲の腫れを診て貰ったところ、主治医の顔色がちょっと変化。

 すぐに血液検査をする事になりました。

 結果は、普通の血液検査とは別の特殊な検査もあるため、超特急で4日後。

 土日を挟んだので、少しかかりましたが(笑)。



 結果は「グレーゾーン」。

 ワタシの関節リウマチの良し悪しは「MMP-3」という数値が目安になるのですが、

 その数値は特に高いという事はなく、

 どちらかというと炎症の数値の「血沈」がやや早い程度でした。

 季節柄の恒例といえばそれまでですが、

 今回の「足の甲の腫れ」には正直、ビビりました。

 
 主治医いわく

 「もう少し様子をみつつ、しばらくしても痛みや腫れが続くようなら、

 メトトレキサートの増量から…。。。」

 

 ここ数か月、精神的にやられていましたし、

 カウンセリング始まってから、いろいろと昔の頃の自分やら思い出したり、

 この夏の異常気象もあいまって、まぁ、ストレス溜まっていたようです。


 カウンセリングが定期的に始まって、まずは「心理検査」、

 そして「カウンセリングを始める前のリサーチ」などで、すでに落ちてます。


 そんな中、中学時代からの友人Aさんとランチに出かけたり、

 妹とご飯を食べに行ったりすると、

 「本当に人にご飯を作ってもらうって有り難いし、美味しいなぁ」

 と、どんなものを食べても思える今日この頃です。

 
 節約生活のため、殆ど自炊ですし、

 ひと鍋料理(一つの鍋で完結するうどんとかソバとかパスタとか)が多いので、

 炭水化物率が高いし(笑)。

 食料も種類を沢山買えないので(一人暮らしの悲しさか)、

 キャベツを買うと1週間はキャベツ料理です(笑)。

 170808_1300~001.jpg 170809_1247~001.jpg

 170814_1229~001.jpg

 ↑ たとえば、キャベツのコールスローのせトースト(一応ハムとチーズがかくれてる)、
  キャベツとしめじのペペロンチーノ風パスタとか、
  キャベツベースの豆腐と海藻じゃこサラダなど、、、、
  

 とはいえ、「月刊くびれ作るぞ」は意外と続いており、

 朝晩の背伸び、深呼吸、足広げた状態のスクワットなどで「くびれキープ」中。

 とはいえ、8月は足の痛みからあまり頑張らなかったので、

 また絶賛リバウンド中で、怖いです(自爆)。


 みなさま、そんなこんなで知らず知らずにストレス溜まっていませんか?

 心だけではなく、身体が気温調節についていけず、ストレスになっている事もあるようです。

 無理はなさらず、涼しいうちに早めに寝るなど睡眠を十分にとって、

 体力回復をなさって下さいませ。


  
nice!(20)  コメント(0) 

予定は未定で、臨機応変(?)なのか? [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 夏だ!!というのに、妙な陽気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?


 関東地方は今日になって、ようやく晴れ間が出ています。

 今のうちに洗濯だ~~~(笑)。

 とはいえ、相変わらず、空の上は不安定だそうで、

 もしかしたら、またゲリラ豪雨があるかも、ないかも…だそうな。



 さて、ワタシは相変わらずの「求職活動中」ですが、

 妙な陽気のせいか、持病(関節リウマチ)の痛みがそこらじゅうに出て、

 活動性が下がっています(そのせいにするな~~って感じですが)。


 なんだかなぁと思って、昨年の今頃のブログを見返したら、

 やはりこの時期、痛みが出ていた事が判明。

 やはり「低気圧」に弱いらしい、ワタシ。


 さて、話は変わりますが、

 本を読む事はなんとなく続いているのですが、

 「次はこれを読む」とか、「これが読みたい」とか、予定している筈なのに、

 実際に図書館に行くと、目的の本が無かったり、

 新刊コーナーで違う方面の本を見つけてしまって、

 結果、違う本を読む事になってます。


 先日読んだ「自然魔術」は、もう…ですね、

 昔の偉人(だけじゃないかも)の創造力や観察力の凄さがわかります。

 あと「宗教」などの影響や当時の背景もわかります。

 現代だったら、そんな事あるわけないじゃん…な事も

 その積み重ねが今の文化や科学、医療の発展なのだなぁと思います。

 興味がある方は読んでみて下さいませ。


 さて、本来ならば、「鈴木大拙」「澁澤龍彦」「和辻哲郎」などを読む予定でしたが、

 今回は


    170814_1816~001.jpg

    
 『カラダの知恵』 三村芳和 著

 『プロテスタンティズム』 深井智朗 著   どちらも中公新書版


 今、『カラダの知恵』を読んでいる最中なのですが、

 もっと早く出会いたかった~~という本です(超個人的に)。

 ワタシ達の身体は「細胞」から出来ているわけですが、

 たとえば、指を切った時の出血って、どうして止まるの?

 とか、そういうところからのお話です。


 自己免疫疾患で、その仕組みがいまひとつ解らない…という人は

 「第1章」を読んだら、あ~~そうなんだぁと理解できるかもしれません。

 身体の中で、それだけ何重チェックしている筈なのに、

 リウマチになったワタシって、ある意味、凄い(超個人的な感想です)。

 

 まだ途中なので、読み終わったらまた感想を書きたいと思います。 

 専門用語は色々出てくるので、辞書を片手に読むのも良いかと。


 それと『プロテスタンティズム』を手に取ったのは、

 ワタシ個人的な「ジャン・ジャック=ルソーの本が理解できなかった」のと

 「西洋占星術苦手」なので(←キリスト教関係の背景が苦手なのかも)。

 苦手がやや悔しい(苦笑)ので、少しでも頭に入ればなぁと思っています。


 
 とはいえ、読書も毎日がっつり取り組めば、すぐに読み終わるのに、

 なかなか先に進まず、いろいろな事が悔しい日常です。


 足の痛みも今週中に主治医の病院へ行く予定なので、

 またいろいろと相談してみようと思います(痛み止めとか)。

 治まったと思って、調子に乗って出歩くと痛みをぶり返したりの繰り返し(笑)。

 

 それに、「ジャコメッティ展」も行かないと、終わってしまうぞ~~(心の叫び)。


 それと、もう少し涼しくなったら、西川口駅もよりにある

 「河鍋暁斎記念美術館」へ行こうと思っています(思うだけにならないように)。

 西川口ってどこだよ~~っと思って検索したら、赤羽の先、、位ですね。

 駅からちょっと歩くみたいなので、この暑い時期に行ったらワタシはダメかも(笑)。


 全て予定は未定、調子の良い時に臨機応変で頑張ります。


 みなさま、ここ数日は真夏の暑さ(だるさ)戻るようです。

 急な外気温の変化に身体がついていかなくなる事も多いそうなので、

 暑さ、寒さ、雨対策には十分にお気を付け下さいませ。



nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お盆が来ると、西武園の花火。 [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 世の中はお盆休みで、先週の金曜日が帰省ラッシュ、

 そして今日あたりからUターンラッシュなそうな。


 ワタシは幼い頃、テレビで流れる「帰省ラッシュ」映像を現実味なく見ていました。

 専門学校で、初めて関東以外出身の友人が出来たので、

 彼らから「帰省ラッシュ」の現実を聞いて、そ~なんだと思った次第。


 ワタシの両親共に「東京出身」。

 実家は「池袋(母方)」と「世田谷(父方)」でした。



 とはいえ、、、父方、世田谷の家の周りは当時、「畑」「畑」「畑」。

 父方の実家は色々あって、物心ついてからは殆ど行っていなかったのですが、

 数年前、伯父が他界した時に物凄く久しぶりに行く事になりました。
 

 周囲には少しずつマンションなどが建っていましたが、

 なんだか相変わらず「畑」「畑」、、、、世田谷区なんですよ(笑)←場所がばれるかも。



 池袋は、結構、通いました。

 ワタシの幼い頃の記憶では、まだ駅前から路面電車(都電)が走っていました。

 池袋は、10分も歩くと意外と住宅街なのです。


 昔から昼時は並んでいた「大勝件」(ラーメン屋)では、近くの人が鍋持って買いに行ってたり、

 サンシャイン60隣の公園の見守りで祖母がいる時に西友に買い物に行きつつ寄ったり。

 (※そうそうサンシャイン60内では、霊感の強い方は色々見れると思いますよ~実体験)



 現在はどちらの家も無いし、ワタシの実家も無いので、

 ワタシには帰る田舎はありません。


 多分、そんな方は意外と多いのではないかと思いますが。


 
 そんなこの連休は、妹と「焼肉ランチ」したり、
  
 所沢西武で開催中(8/20まで)の「岩合光昭写真展 ふるさとのねこ」を観に行ったり。

  170812_1728~001.jpg

 岩合氏の写真は好きなのですが、この「ねこ」の写真をみていたら、

 なんだか「日本画」に見えてきて、本来、逆なのですよね。

 それ位、昔の高名な画家は観察眼があったのだなあと改めて思いました。


 日曜はTVで某アイドル山梨の桃を食べているのを見つつ。。。
 
 実は先週、母から「山梨の桃」が送られてきました(旅行にいったらしい)。


  170812_2257~001.jpg


 桃の季節なのですよね~。

 ただし、母は昔から「固い(あまり熟していない固め)の桃」が好きで、

 こちらにも固い桃を送ってくれたという…貰っておいて。。ですが、

 妹と分けて、妹は1個だけ熟していて、その他は固かったそうな。

 ワタシの方はほぼ固い(その割には糖度高かったけど)。。。

 あ~~~、桃って、もっと多汁果実じゃなったか~~~(笑)。


 とはいえ、美味しい桃をありがとう…。(自分では買わないから)


 
 そして、某村山市に小金井市から引っ越ししてきて、

 驚いたのが、夏休みに入ると方々で花火が打ちあがるのですよ。

 
 引っ越した当時は周りが畑だけだったので、

 部屋の窓から「西武園」の花火、ベランダから「としまえん」の花火が観れました。


 某村山市に実家がある時は、当り前のように毎年、夏になると週末に花火がありました。

 障害物を避けるように、少し歩けば、見える所があったり、

 実際に小学生位の時には、西武園に花火見物にも行きました。


 某村山市を離れてから、しばらく近くで花火大会なんて無かったので、

 忘れていましたが、ここに来てから、

 「ああ、そうだ、西武園の花火はまだ続いているんだなぁ」と。



 としまえんはいつの間にか、無くなっていたようですが(やってなかったのか?)。


 昔は夏休み中の土日でしたが、今は8月の週末とお盆中連休。

 当たり前のように爆音(笑)がする夏の日。


 今、この辺りに住む人の夏の風物詩ですね。

 ずっと続く事を祈りつつ。



 西武園も最近は色々工夫をこらして、集客頑張ってます。

 今は夜のプールでDJパーティーナイトとか、

 涼しい時期は「愛犬といっしょに遊園地」とか。


 超昔は「アイドル」とかの番組も中継でやってたりしたのですよね。


 高校の時かな、いつも通る商店街を自転車で走っていたら、

 「レイジー」のバン(移動車)とすれ違った事がありました(笑)。

 
 レイジー解散してから、好きになったバンド2つあって、

 どちらのバンドも好きだったアーティストが亡くなったのは残念ですが。


 もっとライブに行けば良かったと思ったりしています。


 みなさま、まだ妙な梅雨戻りからの秋雨になるのか…な陽気が続きそうですが、

 体調などにはお気を付け下さいませ。


   


   ↑ 近々公開になるアニメ映画の主題歌。

     昔むかしの短編ドラマのアニメ化だそうです。 
 
nice!(22)  コメント(0) 

ワタシの事、好き? [ありそうでない日常]

 おはようございます。


 台風が接近していた昨日、右の足の裏の痛みが本格化してしまいました。

 数日前から左足の裏もオカシイ感じで、

 久しぶりの「関節リウマチ」っぽい痛みに、「自分」を思い出しています。


 とはいえ、その痛みは台風が関東から離れた今日になって、

 殆どひいてしまいました。


 明日はまたわかりませんが、靴のせいとか、ストレスとか、色々な要因はあれども

 この痛みは「関節リウマチ」由来なのだろうなぁと改めて思ったりして(なんだかなぁ)。


 そうこういっている間に病院も「盆休み」体制に入ってしまうので、

 痛みも少し軽減したので、主治医のところにいくのは、月1回の定期検診の時かな。

 
 痛み止めの「ボルタレン」に、神経系の痛み止め「ノイロトロピン」増量すると

 かなり効くみたいなので、お盆明けまでそれで過ごします。





 そんな感じで、運動不足やむなしの状態で、パソコンの前で「求人活動」ばかりの日々。



 図書館でかりてきた本には集中出来ず。

 特にジャン=ジャック・ルソーは絶賛挫折(残念)。

 古典哲学(なのか?)は、基礎のないワタシには難しいようです(悔しい)。

 やっぱり購入して「じっくり取り掛からない」と解らないです。

 哲学難しい~~~(楽しいんですどね~~)。



 んで、パソコンに飽きると、左側にある「本棚」の本をペラペラめくります。

 殆ど1回読んだ位の心理学本や占い本、辞書などですが、

 大体手に取るのは、諸星大二郎氏の「夢見る機械」(SF短編漫画集)。

 
 なのに、今日は珍しく、

 「好き?好き?大好き?」 R.D.レイン著。


 詩集なのですが(大きな意味でそういう括りになるのかな?と)、

 イギリスの精神科医で、数々の著書があるので、

 気になる方は各自、調べてみて下さい(人任せ)。


 
 それこそ10何年振り位に読んだら、胸が痛くなりました。


 先日、心理検査とカウンセリングがあったせいなのか、

 昔の事、いろいろと思い出すのです。



 悪いところや思い出や、それ以上の楽しかった出来事や、

 自分の短所やら長所やら、ぞろぞろぞろぞろ(笑)。



 「ワタシの事、好き?」


 という言葉は、50年以上(アラフィフなので)生きていますが、

 人生で1度だけ、本当に「重く」言いました。たぶん(曖昧)。



 ワタシはあまり「告白」された事がなくて(オイコラ)、

 大抵、気持ちが先走って自分から「告白」して「玉砕」します(笑)。


 1度、結婚した事があるのですが(7年交際して3年の結婚生活)、

 その相手(元旦那)にも1度「玉砕」しました(笑)。

 当時、告白したら、他に好きな人がいる…と言われました。

 

 「あっ、そうなんだ。ごめん、じゃあ、きかなかった事にして。友達のままで…ね」


 と、多分、ショックだったと思うのですが、クラスメートでしたので、

 友達でいられれば、まぁ、いいや、気まずくなるのも嫌だし、、、みたいな。



 まぁ、その後、いろいろとあって、彼と付き合う事になり、結婚、離婚(笑)。



 時間も気持ちもすれ違いが多くなったある日、

 ワタシが彼にきいた言葉です。


 わかっていたんですけどね~、この言葉が出る意味。


 彼は一瞬言葉に詰まってました。


 この一瞬詰まるっていう空気も、、、ねえ、いろいろ気づくし(痛い)。



 それから数か月後、


 「離婚しよう。ひとりになりたい」


 と、言われました。



 いや~~~、やっちまった(笑)。


 
 ラブラブの時の「私の事、好き?」と

 長く付き合った時の「ワタシの事、好き?」では

 意味が違います(あくまでも個人的体験談)。


 確認しないと解らない状態まで、お互いに追い詰められてた…というか(自爆)。


 その後日談など色々とあるのですが、

 そんな体験談を気軽に話せるほど、脳天気ではないのです。

 (※相手はもう再婚して子供もいる家庭があるので。本当に良かったと思ってます。)
 


 「好き?好き?大好き?」を読んで、胸が痛かったのは、

 封印していた「痛み」を思い出してしまったからなのだと思います。



 もう、自分から告白して玉砕したくないです(笑)。



 あっ、泣けてきた(自爆)。



 みなさま、すいません。


 カウンセリングも「覚悟」無いと、結構、厳しいです。

 ちょっとした泣き言でした。


 

 東北方面の方は、まだまだ台風5号の進路にはお気を付け下さい。

 抜けた地方の方々は、今度は暑さ戻りがあるようなので、

 くれぐれも体調管理にはお気を付け下さいませ。


  


   ↑ またも20代の頃に戻る。Toshitaro「熱帯夜にヘビーレイン」

     昔のファンだと「愛・哀・アイ」(違うかも)なんですけどね、

     ベージュのコートにロングヘア 一人歩きなら

     お前の名前さえ 聞かないつもり~~♪ だったような…(笑)。。。

     コアなファンでした(いろいろ、すいません)。


 
nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

8/4(金)梅雨戻りの夏、「V1クライマックス80」を観に行った [お笑い]

 おはようございます。

 
 梅雨明けしたはずなのに、台風などの影響でなんだか「梅雨戻り」気味な今日この頃、

 やっぱりこんなもやもやした陽気は「お笑い」で吹き飛ばすに限りますね~~


 …という事で先月に続き、毎月第1金曜日の新宿ハイジアV-1での

 お笑いライブ「V1クライマックス80」(もう80回目なのですね~)を観に行って参りました。


 夏休みという事もあってか、老若男女(本当に小学生からそれなりの年齢の方まで)

 気が付けば会場一杯のお客様、、、

 いつからかな…、意外と子供(小学生から高校生は無料なので)連れがちらほらと。

 だからと言って、内容が「お子様」寄りという訳ではないのがスゴイのですが(笑)、

 今回は13組の面々がそれぞれの個性を発揮して、本当に笑いっぱなしでした。


   170805_0837~001.jpg



 初っ端から「ユリオカ超特Q」氏だったのはビックリ。

 でも、掴みっから相変わらず、渾身の「ハゲ散らかし放題」爆進モード。凄かったです。


 「シルキーライン」初見ですが、V1出演者の中では、若手コンビ(?)、定員ネタ、新鮮。

 違うネタも観てみたいです。


 「トム・ブラウン」合体技は強引でしたが、そんな感じになりそうだよね~と(笑)。


 「ダーンス4」、、、、なんか、ね、引き潮ネタ(この表現でいいのか?)、癖になりそうです。


 「マザー・テラサワ」氏も初見。哲学者ネタ、じわじわ~と(笑)。妙に詳しいのがスゴい。

 TVコメンテーターにいそうな感じですよね(笑)。


 「わらふぢなるお」「ジグザグジギー」、凄いビシッとオチ着地。先月より断然面白かったです。
 
 もともと両コンビは安定して面白いのですが、着地が決まると(笑)も決まります♪


 「ケンキ」氏、、コードブルーネタ、、番組愛を感じつつ、後を次以降の出演者に任せるのも

 ケンキ氏にしか出来ないですね~~、笑いの回復、致しました~~。


 「エルシャラカーニ」ふたりのテンポの良さ、不動産屋、アパートに猫、ツボでした。

 いや~、今回一番、笑った~~。

 
 「スマイリーキクチ」氏、(ボキャブラの時はTVで観ていたと思うのですが舞台では)初見。

 言葉回しが絶妙です。人の観察も普段からされているのかなぁ。笑いました~。

 
 「松本ハウス」キックさんの「加賀谷で~す」(普段は絶対やらないそうな)見れたり、

 嘘ばっかりの感動話やら(笑)、とはいえ、来月はまた二人の掛け合いが観られそうです。

 
 「BOOMER」群馬の催し物会場からお届けする「20歳」の大型新人ネタ、、

 これって過去にも観ているのだけれど、伊勢さんの勢いに本当に毎度笑かされるのです。


 「金谷ヒデユキ」氏、もう職人芸の時事ネタ替え歌。時事が色々有り過ぎて、

 ネタ選びがマニア…いえ大人向け過ぎ(笑)。

 でもやっぱり某民〇党女性議員は回りまわって、またも話題の人ですね。笑った~~。


 という事で、1組の持ち時間は短めですが、ギュッと詰まったネタ祭りでした。


 で、ネタ後のエンディングトークのお時間です。

 
 先月同様、オープニングの映像DVDに出演者のサイン入りが

 最初に手を挙げた人にプレゼントされたり、ピコ太郎さんの御菓子が配られたり(笑)。


 最後まで残って下さった出演者に、会場からの質問(開演前に配られるのです)や告知など。

 持ち時間1組2分(意外といい加減な部分もあり~の)です。

 
 ワタシも久しぶりにちょこまかと質問やらお礼やら書いて出したら、

 読まれました(笑)。

 昨年末(12月)のエンディングで抽選会があり、

 「ケンキ」氏サイン入りスタ〇カードが当たったので、お礼を(笑)。

 但し、その日(年末)はケンキ氏はそこに居なくて、替りにひいてくれたのは

 エルシャラカーニのしろうさん(ワタシと歳は違うけど誕生日一緒です)。


 「ケンキ」氏、そんなの記憶にないって、そりゃそ~ですね(笑)。

 でもその後、スタ〇での裏話があったり。

 
 「スマイリーキクチ」氏の本がサイン入りで2冊、じゃんけん勝ち抜きでもらえたり

 ※これもなぜかじゃんけんしたのは「マザー・テラサワ」氏でしたが。

 そういえば、ワタシは以前某TV番組で「スマイリーキクチ」氏の体験、観ました。

 ネット社会ってある部分、本当に怖いです。

 ワタシも手を上げようかなぁと思ったのですが、なぜか手が出ず。


 今月も出演者の皆様、本当に楽しいひとときをありがとうございました。

 (※特に金谷ヒデユキ氏には本当にありがとうございました&すいませんでした。←私信)


 来月は9月1日(金)、新学期のしょっぱなだから小学生は少ないかな。

 が、V1を観に来ている子供たちはみんな笑ってます。

 少し飽きたかなぁと思っていると、すぐ次の出演者~とかわるので、飽きないのかも(笑)。


 みなさんも次回、暑気払いにいかがでしょうか?(ワタシはV1宣伝担当か?!)

 
 …と出演者のみなさまにハードルを上げてプレッシャーかけてたりして(すいません)。


 また楽しいひとときを過ごせるように、無事な1か月を祈りつつ。。。


 
PS。BOOMERの伊勢さんが8月誕生日で、舞台上でケーキと歌でお祝い。

    伊勢さん、誕生日おめでとうございます。って、多分、ワタシは年代が同級生(笑)。


 
nice!(19)  コメント(0) 
前の10件 | -